タケの独り言

takevelo.exblog.jp
ブログトップ
トスの位置を確認する、とか、
ラケットのボールへの当たり方を確認する、とか、(ヘッドから出ているかどうか)
メンタルの状態を上げる、とか、
これまでにいろいろなアドバイスを頂いてきたものの、
いざゲームとなると、自分のサーブの良し悪しは「出たとこ勝負」、本人さえ読めないミステリーゾーンでした。(@_@)

が、なんとなく思い当たることは、
レッスンが続いている時、
湿気などでボールが重い時、
決まって調子が悪くなる。

ラストレッスンでの、Oコーチからのアドバイス。
「疲れてくると、腕が無意識に楽をしようとして、止まってしまうんです。
だから、サーブを打つ時に身体を動かし続ける意識を持つ、
少し早めに打ちに行くようにする、
最短距離で小さく打とうとする腕に逆らうように、大きく動かす、
ちょっと意識してみてください」

なるほど。(3時間のスマッシュ練習の後だったにもかかわらず)ダブルフォルトは無かった。

クルニッチVSアザレンカの試合、
クルニッチという、こんなに良い選手を今まで知らなかったとは!!!
そのクルニッチ、得意のファーストサーブが入らず苦しんでいた。
神尾米さんの解説によると、予選から闘い続けている疲れが、サーブ(と、サーブに連動するフォアハンドストローク)に出ていたらしい。
それでも、深くて回転系のセカンドサーブと、
ゲーム組み立ての持ち球の多さがあると、アザレンカとでさえ対等の勝負ができる。
(残念ながら試合には負けてしまったけど…)

他の試合の解説で、
「緊張は肩甲骨に出るんです、だから、ここを動かすといいんですよ」
と、神尾米さんは言っていた。
彼女の解説は、参考になる指摘がいっぱいである!


■  [PR]
# by take_velo | 2014-09-03 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

中ロブ

(元プロ)Oコーチとプライベートレッスンテニスをしていて気が付いたこと、
ロブは本当に天井に届くくらい高く上げる、
(そして、コーチのボールは正確にベースライン上に落ちるのであるが…)
そこまで正確でなくてもよいから、とにかく高く上げることを意識するようになった。
相手の頭を越すくらいでは、やすやすとスマッシュで打ち込まれるから。

シングルスゲームで追い込まれた時、不思議と有効なのはむしろ「中ロブ」。
前に出て打ち込もうとして間に合わず、短く足元に落ちる…
USオープンで、土井がアザレンカに何度も打って決めていたボールですね。
一度落としてしまうと、タイミングを取るのが難しく、(最悪の場合、少し後ろに下がりながら打つことになる)
体勢を一挙に立て直し、逆転することも可能。

で、これを無意識にダブルスゲームでやってしまうと、
「なんで中途半端なチャンスボールを上げるの~~~!」と、怒られることになる。てへへ。

強い印象を持った先日台風時の「レッスン体験」の女性プレーヤー、
サービスリターンは、決まって前衛私の後ろにストレートロブを上げ、まずこちらの体勢を崩してからゲームを組み立ててくる。(セオリー通りですね)
私は、彼女がリターンを打つ直前に、するすると2歩下がり、
スマッシュを打つ準備をした。
瞬時に前衛(私)のポジションチェンジを見抜いた彼女は、
なんと、この中ロブを私の正面めがけて打ってきたのである。
(女ダブは、体勢不利とみると、すぐにボディ狙いですね…)
スマッシュを打つ構えをしていた私は、
予測に反して、私の顔の高さに落ちてきたボールを、
屈んでそのままスマッシュスイングで叩きつけて、見事にネット。(-_-;)

にやり、とする彼女。ちっ、と舌打ちした私。
コーチは、「またタケさんがスマッシュをミスった」と思っただろうが、
見事に「ミスさせられた」のである。
(このボールを、瞬時に身体をよけて横向きでハイボレー、コースを突いて決められたら、
「上級プレーヤー」である)

彼女はどうやら「初中級判定」されていたようであるが、
ボールの弱さを別とすれば、「女ダブ上級者」である。

楽しくないけど、彼女のようなプレーヤーとテニスさせていただくのは、
学ぶことがいっぱいで感謝する。

■  [PR]
# by take_velo | 2014-09-02 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

予測のその次

家人に良くパッシングショットを抜かれるのは、あらかじめ打つコースと展開を決めていて迷いが無いから、だと、
コーチからこそっと教えてもらった。

たとえば、フォア側に振られた時に、次のボールをどこに打つか。
私は、たぶん、その時に一番リスクの低いボールを選択して打つ。
が、家人は、ここでストレートアタックを迷いなく打ってくる。
レッスンメイトの男性は、背が高く腕も長いので、ショートアングルを打つ。
いずれもリスクはあるが、迷いが無ければウイナーになる可能性が高い。

この「あらかじめ自分の打つコースを決めておく」「迷いの無さ」が、私には欠けている。

「予測することも大事ですが、
その予測が当たった時に、じゃあ、自分はどこに打つのか。
これを決めておくことも、もっと大事です。」
ラストレッスンで頂いたアドバイス。
う~ん、なるほど。
他のコーチからはいただくことのできない、貴重なアドバイスに、頭が下がりました。
1年半の感謝を込めて。

■  [PR]
# by take_velo | 2014-09-01 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

スマッシュ復活

土曜日のレッスンは、ひたすらスマッシュ練習だった。
(前回のレッスンは、ひたすらスライスアプローチ)
自分の苦手なもの、今必要なものを、じっくり時間をかけて取り組めるからいい。
ベテランコーチは苦手なんだけど。

最初は、私の打ちやすい打点にコントロールして球出してくれた。
そのボールを、コースをしっかり打ち分けてスマッシュ。
次に、少し横に走らされてスマッシュ(フットワークが乱れて、上手く打てない)。
次に、高めのボールを、自分から打点を合わせてスマッシュ(これは、できるようになった)。
最後に、ゲームの中でスマッシュ。

私のスマッシュの課題は、足を動かしてしっかり打点に入ること、だなあ。

で、最後のゲーム、苦手なアドサイドからのサーブが激変していた。
ボールの上からたたいて、しかも回転がかかっているので、サービスライン際で落ちる。

問題は、この好調サーブが続かないこと。
不調の原因は何なのか、何を変えれば調子が上がるのか、
自分では全く分からない(-_-;)

■  [PR]
# by take_velo | 2014-08-31 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)
歯の治療中に、かかりつけ歯科医に指摘されたドライマウス(唾液量が少ない)。
常用する薬に心当たりもないため、びっくりした。
ついでに、「ドライアイでもありませんか?」と尋ねられて、
季節の変わり目に、目がごろごろする症状が思い当り、
もしかしてアレルギーの症状ではないのかも、涙量が少ない?…と、
インターネットで検索してみた。
ここ数日、目がごろごろして疲れる、目がかすむ、本もテレビの画面も見づらい。
もしかして?

どうやら、中年以降の25%の人が「ドライアイ&ドライマウス」なんだそう。
よく噛みなさい、と注意があるが、歯痛のため柔らかいものばかり食べている私、
ドライマウスが原因で歯痛になるのか、
歯痛があるからドライマウスになるのか、
こりゃ、堂々巡りだな、
結局、長生きできるようになったつけ、老化現象だと思うことにする。
(でないと、医者通いの毎日になるよ)
無理せず、ストレスを避け、美味しいものを食べて、よく眠り、大好きなスポーツにとりくむ。
それでも老いていく自分の体なら、前向きに折り合いをつけたい。

PS これも思い当たるふしなく、コーチやレッスンメイトから指摘されて、びっくりしたこと、
「テニスのパフォーマンスが落ちていて、元気ないですね、夏バテかな」。
よ~く考えてみると、電車の中で死んだように眠りこんでしまう、
朝、だるくてなかなか起き上がれない、
しかも、雨が降っていると頭痛までする。
今年は気温は高くないけれど、大の苦手の「湿度」に身体が疲れてしまっているのかも。

■  [PR]
# by take_velo | 2014-08-30 00:00 | フィットネス | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >

これいいな、いつも楽しいこと発見。独り言つぶやきブログ


by take_velo
XML | ATOM

skin by excite