楢山節考

『楢山節考』を読んでいる
映画化もされ、欧米で絶賛された「姥捨て山」伝説である。

69歳のおりんは、歩いて山を越え向こう村まで行けるし、
一本も虫歯が無く、やまべ(山魚)もたくさん採れる、火おこしも上手い。
それでも、70歳になったら静かに世を去らなければならない、
自分の元気な身体がいとわしくて、
火打石で歯を折るのである、なんど叩いても欠けもしない丈夫な歯。

私も、歩いて六甲山は越えられるが、歯は年相応に弱い。
どんどん、食べられるものが限られるようになってきた。
老いていくことは受け入れるが、それでも、悲しい現実である。

丈夫な老人が、達者で幸せに暮らしていけるのは、飢えの問題が克服されたからである。
(世の中のすべての人々が、飢えで死ぬことの無いような、そんな世界にならないものか)
しかし、『老いの壁』で養老孟司と南伸坊が指摘するように、
80歳になっても90歳になっても、先のことを考えて思い煩う今の世の中は少しおかしいかもしれない。
もっとお金を、もっと若さを、もっと元気さを、もっと美しさを、って。

週末のテニスは、大差で勝った。
同じ相手に苦戦したかと思えば、簡単に勝てる日もある。
テニスって本当に不思議。
でも、一方的に負けることが無くなったのは、少しずつミスが減っているのかもしれない。
練習しても、練習しても、なかなか結果につながらないが、
「少しずつ」を信じて、もっと安定したテニスができるようがんばりたい。

[PR]
# by take_velo | 2017-04-24 21:11 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(2)

庭で昼ごはん

a0112944_16335785.jpg

青いタイルは大好き❤
お気に入りのテーブルを見つけて、
今日は外でごはん、
そのあと、コーヒーを飲みながら読書。

これからテニスを。

春だなあ。気持ち良い天気が続きます。
[PR]
# by take_velo | 2017-04-23 16:28 | お気に入りのものたち | Trackback | Comments(0)

『奇跡のレッスン』サッカー編

テレビ番組『奇跡のレッスン』は、書籍化されている。
ミゲル・ロドリゴが登場するサッカー編に、

「ある選手のことを思い出します。チャンスでシュートを打ったら「パスだろ!」と怒られ、次にパスすると「シュートだろ!」と怒られた。その子は自分から積極的なプレーをしなくなりました」(p.28)

日本の監督が「安全第一だよ、無理にパスするよりは、クリアした方がいい」と言った。
これに対してミゲルは、「スペインでは逆なんです。リスクを避ける気持ちはわかります。でも、リスクのないところから学べるものはないのです」と答える。

ミゲルはミスした選手をまっすぐに見つめ、
「「次は奪われない」って言ってごらん、大きな声で言ってごらん。
そうだ、次は取られるなよ」

先日のテニスレッスン、
センターラリーが続く中、自分から「ゲームを作ろう」としてワイドに展開し、ミスした。
コーチはできるけれど、私はできない。

チャンスボールが来るまで「待つ」のも、一つの手だが、
今は打てないボールをワイドに打つ「挑戦」もありかもしれない。
還暦前の私がまだ挑戦するのか、まだ「学ぶ」のか、いいかげん「結果」を追い求めてもいいのではないか。

だって、こんなに面白い『奇跡のレッスン』、ジュニアだけに独占させておくのはもったいない。
私もわくわくしたい。

「次は、私の方から先に仕掛けていく。
今度はサイドアウトしない。次は、簡単にポイントをあげない」
私も大きな声で叫んでみたい。

[PR]
# by take_velo | 2017-04-23 10:35 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

サーブ練習会

早起きして、練習会に参加してきた。
一人一人動画を撮って講評してくれた。
いつもPコーチに言われている私のサーブの問題点が、自分の動画を見ることで全部確認できた。
特に打ち終わり。ラケットが左腰の後ろまで振り切れていない、手首が固定されて左足の前でラケットが止まっている。

ファーストとセカンドの打ち分けは、言葉で説明されても全く理解できず、見本を実際に近くで見せてもらうことで打てるようになった。
左サイドから、相手の左側に深く入り、バウンド後跳ね上がるスピンサーブ。
コーチがいるとできるが、いざゲームになるとできなくなるだろう。
「次回の練習会も来てください。落とし込んでいきましょう」、とコーチ。はい(笑)。

私にとっての一番の収穫は、
体の力を抜いて、腰の回転だけで楽に打っている自分のサーブが、
腰を反らし、唸り声を上げながらジャンプして打つサーブと、
そんなに威力は変わらなかったこと。
試合で何時間もテニスをするし、自分の年齢を考えてみても、
Pコーチの言うことは正しいと思った。

PS
練習会のコーチは、大怪我をされたばかりだった。
「怪我をしちゃいけませんよ、くれぐれも注意してね」と、レッスンの締めくくりに言われた。
常々Pコーチに言われていることだ。

でも、私は真夏7月のクロスカントリーレースをどうしても走りたい。
目標ができたら、ボクシング5ラウンドも途中休まず、ねをあげずにやり抜けてしまう。
練習時間を増やさず、上手く強度を上げて、
上り坂下り坂を走れる心肺を作りたい。

[PR]
# by take_velo | 2017-04-22 10:16 | テニス | Trackback | Comments(0)

仕事で学んだこと、テニスレッスンで学んだこと

授業を終える時、照れ臭いので、
「また来週」と下を向いてボソボソ言って、さっと帰る。
のだが、
学生たちから「ありがとうございました!」と、大きな声が上がり、
思わず私も一礼して、「ありがとうございました😊」と答え、教室を出た。

なんだか日本の明るい未来を見たよう。
学生から教えてもらうことばかりの最近の私である。

午後からのテニスレッスン、
センターに戻るよう心掛けたが、ストローク全般が雑になっていた。
しっかり打つと、次の準備が遅れる、
自分のボールが甘くなると、慌てる、
次のボールのことばかり考えると、手打ちになる。
テニスの基本のリズムができていない。

センターラリーが続くと、
コーチはコースを変えてゲームを作り始める。
私も同じことを試そうとすると、
サイドアウトする。
コーチにとってはできることが、私にはできない。
私のチャンスボールの範囲が、まだまだ狭いということか。
私のシングルスの課題だと思う。

最後にコーチからもらったアドバイスは、
試合に出るときに、心の中で何度も繰り返そうと思う。

[PR]
# by take_velo | 2017-04-21 18:55 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧