タケの独り言

takevelo.exblog.jp
ブログトップ

あの人ならどうするか♡

漫画『図書館戦争』。
今月号Lalaで、
主人公笠原郁が、上官(であり、初恋の人)からもらったバッジを握りしめながら、何度も何度も自分に問いかける。

「あの人ならこんな時どうするか」

そうしたら(どんなに難しい状況にいても)正しい道を選べる気がして。
結局、自分で考えていることに変わりは無いんですけどね。

いいなあ。いいなあ。こんな、全面的に信頼できる人が目の前にいて、
そんな人を心から好きでいられるなんて。
って。私にもいたか。
こんな人をメンターと言う。そして、こんな人と一緒になれる女性は幸せ。

■  [PR]
# by take_velo | 2014-07-24 00:00 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

最後の授業

セメスターになって、半年で仕事の一区切りが来る。
今週は、そんな仕事納めが続く週である。
来週からは、長期休暇に入る。
ストレスの多い職業ゆえ、そして人間相手の仕事ゆえ、そして最高学府ゆえ、
リフレッシュする時間・自己研修する時間は必要。

読みたい本を積み上げて、参考書とノートも積み上げて、
それから、普段できないことも計画して、
でも、いざ休暇となってみると、
一言も誰かと会話せずに過ごす毎日に、社会から取り残されたような焦りがつのる。
家人のサポート(主に経済的)もあって、いろいろなことにチャレンジするんだけど。

最後の授業は、なんだか涙が出そうになることも時たまあり、
他人とのつながり・人々の温かさに、あらためて社会の中で働く場所を与えられていることに感謝する。

秋からは、もうちょっと気の長い先生になるよ~~~。(と毎回決心し、そして毎回忘れる、(笑)

■  [PR]
# by take_velo | 2014-07-23 00:00 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)
いつもの裏山ラン。
素敵な道を見つけました☆
気持ちよく走っていたら、岩場に…
引き返して、頂上から猪名川に架かる橋を眺める。
ちょこっとランのときは、自転車ウエアの後ろポケットにボトルをさして。
(ちょこっとのはずが、かなり足にきて…)

お昼からは、グループキックレッスン。初体験。
が。これが、超ハードだった。連打、連打、連打、連続蹴りのスピーディな60分…
最後には、腹筋・体幹・腕立て伏せも。(回数も半端ない)
ちょっと自分の運動神経に感動したのでした(笑)

■  [PR]
# by take_velo | 2014-07-22 00:06 | フィットネス | Trackback | Comments(1)
もうすぐ夏休み、いよいよテニス三昧の毎日だああ、と、思っていたら、
1年半前からお世話になっているコーチが寿退社することになった(T_T)
「ことぶき」なんだから喜ばなきゃ、なんだけど、
人生設計の中に仕事が無いのは、今の世の中どうなんだろう、と思うので、ちょっと複雑な気持ち。
でも、幸多き人生を心からお祈りします☆

ダブルステニスのゲームで、
女性ペアに八つ当たりする男性の話は先日したばかり。
打つ前から、「どうせ失敗するんだろう」「おまえがいるから負けるんだ」「下手くそは狙われるだけだからじゃま、消えろ」との暴言の数々。あ~~あ~~、のため息も。
テニスは、性格の悪さを助長するスポーツの一面を持つ。

フェデラーが、錦織について
「彼は、一流のテニスプレーヤーである前に、一流の人間だ」と、最高の賛辞を送っていた。

勝つのはもちろん、大事。
でも、どう勝つのかはもっと大事。
主張すべきことを堂々と主張できるようになるためにも、もっと強くなりたい。
久しぶりにレッスンを増やして、毎日ラケットを握る。


■  [PR]
# by take_velo | 2014-07-21 00:06 | テニス | Trackback | Comments(0)

おひとりさま

プチお一人様暮らしの一週間だった。

私は、仕事が終わった後に走るので、その前に軽く食事をする。
なので、夕食を取らない毎日だった(普段は家族のために夕食を作る)。
走った後、シャワーをかかるので、家で風呂にも入らず。
帰宅後すぐに寝るので、家の中も汚れず。
気ままに、朝起きてから仕事を片付けたり。さくさくと仕事もはかどった。

そして、半年間歯の痛みが続くので、
睡眠中にマウスピースをつけることにした。
違和感ありまくりだが、これも、一人暮らしの気楽さからか、
スムーズに習慣化した。

母は15年以上も「おひとりさま」である。
一度この気楽さと自由さに慣れてしまったら、いまさら家族との同居なんて無理だよなあ。
世間では、高齢の家族に一人暮らしをさせるなんて人非人、という非難もあるが、
女の一人暮らしは、人生最後に残された最高のごほうび、という意見もある。

生き方は人それぞれ、いろいろな価値観が共存できる社会だといいな。

■  [PR]
# by take_velo | 2014-07-20 00:18 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)
< 前のページ 次のページ >

これいいな、いつも楽しいこと発見。独り言つぶやきブログ


by take_velo
XML | ATOM

skin by excite