大好きな松岡修造

『テニスの王子様』が流行っていたころ、その漫画を題材にして書いた松岡修造の本があります。
実は…古本屋で見つけて買おうかなあ、と思いつつも、高いので、迷い中なんです。

その中に、「主婦の方々とか、毎日10時間テニスをしていますよって方がよくいらっしゃいますけれど、僕がちょっと散らしてボール出ししたら2分でバテてしまわれるんですね。練習は量ではなくて質が大切です」
というくだりがあります。

この言葉、大好きです。「量より質」。
漫然とテニスをするのは嫌です。
私にとってテニスは趣味ではなくって、本気で上手になりたいチャレンジの世界です。

だから、たまたまお相手してくださった方々のアドバイスとか、コーチの言葉とか、練習の課題とか、大切にしていきたいなあ、と思います。

今日も、足が不安で、イレギュラーのボールは追わないと固く決心していたのに…
「このボールが取れたら、いっそ足なんかどうなってもいい」なんて、思う瞬間があります。
黄色いボールを追っかけていると、無心になれるというか、幸せです。

そんな幸せいっぱいの今日は、私の誕生日でした。
いっぱいカードをいただきました、ありがとう。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/10387718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Gilles at 2010-04-10 22:45 x
おめでとうございます!
福井烈さんのテニスクリニックでも同様のことをちらっと語ってはりました。『考えない・ラリーが続かない、これ、面白くないですよねぇ』って。
ありゃ、松岡さんとちと違う意味でしたねぇ・・えへへ
Commented by take_velo at 2010-04-11 08:06
Gillesさん、ありがとうございます。
試合中のラリーはまだよくわからないですが、打ち合いの練習で、安定した軌道を描くボールを決まったフォームで打ち続ける楽しさは最近理解しつつあります。
私は、すぐにフォームがぐちゃぐちゃになるし、打ったボールはなかなか同じように飛んで行ってくれないのですが。(短くなったり、横にそれたり…)

たぶん、松岡さんと同じ意味ですよ。
「質」って、考えるってことだと思います。あるいはイメージを描きながらプレイする?
by take_velo | 2010-04-10 19:44 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧