うだうだと…

連日の高湿度に、体も心も折れそうなこの頃です…

『トレイルランニング ー 入門からレースまで』 を読みながら…
鏑木さんが執筆担当された章に感銘を受けています…
前向きだなあ。
優しいなあ。
温かいなあ。

トレーニングの章で、
「一定の心拍で走ることが大切。」
と書かれています。
インターバルトレーニング (追い込み走の入ったトレーニング) の嫌いな私にとっては、とてもうれしい発見です。

集団で走ると、
どうしても、早目早目の休憩時間が設定されます。
この間の心拍数低下も嫌いです。

でも、ランニングを始めたばかりの頃は、私が他の方を待たせていたのです…

技術の習得は、他の人に合わせる度量の習得でもあるとすれば…
私はいつまでたっても、へたくそな、初歩レベルにとどまっています…
何事においても…

ところで、
テニスやスイムと違って、
ランも自転車も、公道や自然の中を使うので、
自重も必要かと思います。
怪我をしないように、無理をしない…というのは当然で、
道を痛めないように、こんな天気が続く時には、トレイルには入らない、って選択も必要かと思います。

テニスでも…もやもや。
ダブルスはもともと、ストレスフルですが…
ご褒美をかけた試合となると、ストレス度も増します…
「空気を読んで、みんなに合わせて、楽しく」 というスタンスが大嫌いな私としては、
視野の広さと度量の習得のためのよい修行になるのですが。

いつでも、にこにこ、
「機嫌の悪い時が無い」 という人が身近にいます。
こんな人のそばにいるのは幸せですね。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/10897051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2010-06-30 08:23 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧