錦織、おめでとう

37度を超える気温の中、約5時間の試合を制した錦織。
チリッチの体調は万全とはいえなかったけれど、それでも、フルセット、錦織は一歩も引かなかった。
すごい。
彼と同じテニスを私も学べている幸せをちょっと感じています。

先日の試合。地元の人気選手ロディックを破ったティプサレビッチにも感動しました。
会場全体を敵に回しても、自分を信じる心はみじんも揺れない。
ロディックのフットフォルト、その後のクレームにざわめく中でも、冷静なまま。
(フットフォルトで失格になったセレナをみんな思い出していたと思う。)
そして、「勝てるかも」というチャンスがきても、プレイは全くぶれない。

彼のまっすぐ射るような視線の先には、
きっとロディックはいない、
点数も試合の勝ち負けもきっともう存在しない。
彼が戦っているのは、たぶん自分。

今、私の好きな選手は、クライシュテレス。
彼女も、引退して子どもを産んでカムバックしてから、
常に見つめているのは、自分自身と自分のテニス。

そんな強さが、私は好きです。

テニスの試合は長くて、なんだか人生で起こる様々なことに似ている。
だから、素晴らしい試合は、見ている人たちに勇気を与えてくれるんだと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/11227583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2010-09-03 20:34 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧