採血、おおお、の巻

職場で行われる健康診断の時期になりました。
毎年出る異常は、「コレステロール値高め」。ただし善玉。

ということで、採血会場へ。
左の腕を見て、右の腕を見て、また左の腕を見て…看護婦さん、おろおろ…
なかなか始まらない…きっと、細い血管に怖気づいているのかも…
仕方なく、簡単な仕切りで囲まれたベッドへ。
また、両方の腕を探っていたので、「毎年左腕で採血しますよ」と教えてあげたら、
やっと針の準備をしてくれた。
おそるおそる、そっと、そして、「痛くないですか?ちくちくしませんか?」ときいてくる。
実は、かなりちくちくするんだけれど…
「抜きましょうか?」
「いやいや、ここまで来たら最後まで採ってください…」
と答える間もなく、
「○○さん、ちょっと急いで来て!」と仲間たちを呼び始めた。
なんなんだ。
どうやら血管を突き破ったらしく、血がもう引けなくなったらしい…
動揺する看護婦さんたちは、仕切りのパネルを勢い余って倒し始めた…
あらら、私のぶざまな格好がみんなの前に…(とほほ)

責任者が呼ばれて、さらに採りにくい右腕から採血することに…
私の腕を一目見て、「ああ、これは…」と青くなる…
いかん、みんなさらに緊張し始めた…
ここは一発芸でも…(なわけないか…)

「実は、身内に医療関係者がいるんですけれど、私を見ながら、
”その太い体を少し細くして、
血管を太くしてもらわないと、
みんなの迷惑”
って、いつも言われているんです。」
って話すと、看護婦さんたちの顔が急に緩んで、そして爆笑。
「え~、そんなこと…(あります、と顔が言ってる)。
来年からは、その人に来てもらって採血お願いしなきゃ」と…

で、さらに時間をかけて血管を調べて、なんやかや、と、ようやく採血が終了したのでした。
ふう。

今年も体重が1キロ増えていました、もう同じことが続いて何年目?
あな、おそろしや。

身内の医療関係者、その話を聞いて、
「家中のお菓子は没収」とな。
しくしく。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/11379897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2010-10-05 17:02 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧