日本女子バレー銅メダル

私の子供の頃はアタックNo.1の時代で、日本女子バレーボールはメダルをとってあたりませの時代でもあった。
もちろん私もバレーボールをしていて、
「今、このボールが取れるなら(レシーブできるなら)、あとはもう何もいらない」と本気で信じて、熱くなって
一瞬一瞬を練習して過ごしていた(と思う)。
早くに挫折してしまい、競技スポーツとは縁のない10代後半を送ったけれども。

昨日の延長に今日があって、当然、明日もその延長上にあると信じていた頃、
突然離婚した。
離婚してまず始めたことは、やっぱり、バレーボール。
ジャージ姿の女性が大嫌いだった元夫の、一番苦手とするママさんバレーボール(笑)。
うひひ。
幼い子供のころに純粋に戻れたようで、結構楽しかったけれど。

右膝の靭帯損傷。
肩の炎症から、右左とも四十肩へ。
薬指と親指の重度の突き指(薬指はたぶん靭帯損傷)。

半年であきらめた。

日本バレーボール界が、復活の兆しで嬉しい。
でも、同時に、社会に開かれた新しい競技スポーツに育ってほしい。
選手の一人一人が、選手を退いた後も、充実した人生を過ごせるよう…

職場で、今週、ゼッターランド・ヨーコの講演があります。
特任教授になるらしい。
行きたいなあ。

PS テニスのスマッシュは、40年前のバレーボールのアタックのように、左に振りおろします…
これは肩に悪いんじゃないかなあ。
と思い、私は、腰をひねって右外に振りおろしています。
テニスボールは小さくて軽いけど。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/11578254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2010-11-17 09:33 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧