勝つためには☆

私のプライベートコーチは現役選手で、先週、全日本チャンピオンとも試合をしたらしい。
実際に打ち合ってみてわかった、トップ選手のボールとか、強さも教えてもらった。
すごい…
ちょっと感激した。

で、「勝つためにはどうしたらいいですか」なんて、直球質問をぶつけてみた。
その答えがとても意外だった。

ミスをしないこと。
相手にミスをさせること。

強い球を打とうとか、
きれいに決めようとか、
コースをつこうとか、
結局のところ、試合に勝つことにはつながらない。

試合の中で、一番多いのはなんとミスによる得点、なんだそう。

強くて速くて回転のかかった球を打ってくる相手にはどうしたらいいの?
エンドラインぎりぎりに、滑るように深い球を打ってくる相手にはどうしたらいいの?
ロブを上げてくる相手にはどうしたらいいの?

全部、教えてもらった。

わくわくする☆
楽しい☆
昨日より上達している自分がわかる。うれしい。
そして、テニスの奥深さを改めて実感する。

個人的にポイントポイントでレッスンを受けられることは、本当に幸運。
時間を割いてくださっているコーチに、心から感謝です。
そして、将来、必ず、必ず、もっとうまくなります066.gif
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/11667644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by matsunorida at 2010-12-06 23:06 x
PageDesignがまたまた変わりましたね~ カワイイです★

コーチのお言葉 すごく"至言"だと思います
BikeやRunといったSportsでも 一騎討ち(わたしレベルで ですよ)になった時 大事なことは
①自分がミスをせず
②相手にプレッシャーをかけて 堕ちて行ってもらう

ですもんね 
対戦Sportsなら なおさらのことですね!

『昨日より上達している自分がわかる』
素晴らしいです! ジブンも見習わなきゃです
 
Commented by take_velo at 2010-12-07 06:04
matsunoridaさん、

ありがとうございます。「カワイイ」って、ちょっとくすぐったいです、って、私のことじゃなかったですね(笑)。

BikeやRunでも、勝つために大事なことは同じって、「目からうろこ」です。
「ミスをしない」って姿勢は、守りに入っているような気がしていたのですが、たぶん、違うんですね。
私には、まだよくわかりませんが、自分の心にとても響いた言葉だったので、いつかはその意味がわかるのかなあ、と思っています。

スポーツをしていて、「よし」って思える瞬間って楽しいですよね。
相対的に下手くそであっても、昨日より前に行くこと。目標です。
by take_velo | 2010-12-06 20:22 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧