テレビ番組・オルカ登頂

足首は腫れたままだし、天気は良いのか悪いのかよくわからないし…
さて、今日は何をしよう…
と考えだして、とりあえず、TVをつけてみた。
(テレビは、テニス試合か、バレーボール試合か、駅伝か、マラソンか、自転車競技しか見ない。)

山野井夫妻と木本さんの、北極圏グリーンランド・オルカの登頂のドキュメンタリーをしていた。
途中から見たんだけれど、もう目が離せなくなった。
すごい。

足のアップになったら、先の部分が無い。指が全く無いの。
奥さまは、女性なのに、ぐいぐい、先頭を登っていく。
でもその手の指も何本か無い。
凍傷のあとです。
それでも、ものともせず、登っていく。

登頂を目の前にして、山野井夫が。
「過去のこととか、指があるとかないとか、もうそんなのどうだっていい。
明日、頂上に行けるかどうか。
そのことしか頭にない」
先しか見ない。先に行くことしか考えない。胸に響く言葉。

そして、最後の数十メートルを、奥さまに先導させて、
登りきった。頂上。
その美しい風景。
静かな3人の姿。

「クライミングに必要なもの、それは強いモチベーションです。
この先に上がりたい。
頂近くまで登ってみたい、
という気持ち。」

あああ、まただ、「強い気持ち」。

私は、山は好きだけれど、クライミングをすることは決してないと思う。
でも、テレビのおかげで、こんなに素敵な山を、こんなに感動的なクライミングを体験することが出来ました。
素敵な日曜の午前でした。

午後は、もちろん、わしゃわしゃ、と走りました。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/11703435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2010-12-12 20:23 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧