幸せを決定する要因

よく引用させていただく海原純子の「心のサプリ」(毎日新聞日曜版)の中に、こんな文があった。

ティム・カッサリーとリチャード・ライアンという2人の心理学者は、人生の目標を外的条件(経済的成功、名声、美貌)として努力する人と、内的な事柄(他者とのかかわりを満足なものとし、世の中を良くすることと自己成長すること)に価値を置く人の心のありようと健康について調べた。その結果、前者では喜びを味わうことが少なく、抑うつや体の不調が多いと発表している。

貧乏で、外見もパッとしない私は、
「ああ、60歳でリタイヤして悠々自適の生活を送れたらなあ」
とか、
「絶世の美女になって、振り向いてもくれない男を足元にひれ伏せて、うわははっっ、うおほっほっほ、なんて高笑いをしてみたいなあ」
とか、思うこともあるけれど。

職場で若い子たちと接している時や、家で同居人といっしょにほ~~~っとワイン飲んでいる時、
テニスのボールを追っている時や、山を走っている時、
そして、仕事で誰かのお役に立てた時や、感謝の言葉をいただいた時、
しあわせだなあ、と思う。

海原純子のこのコラム、大好きです。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/11884618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハナ at 2011-01-12 22:42 x
私もこのコラム、大好きです〜
先週のこのコラム、ちょっと鬱々としていた自分に響き、思わず切り抜いてしまいました。内的な事柄に価値をシフトしていかなきゃ、ちょっとしんどいなぁ…としみじみ。いろいろ難しい…(汗)なんて。

同じコラムの愛読者なのががおもしろいです〜
Commented by take_velo at 2011-01-13 19:04
ハナさん、こんばんは。

山好きは、感性が一緒ですよ、きっと。
内的な豊かさって、山を走っている時、しみじみ感じます。幸せです。
by take_velo | 2011-01-11 01:25 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧