道具の大切さ

ナダルと同じバボラーのラケットとガットを愛用しています。
ちょっと重い…

フォームを安定させたい時期なので、今は、軽量レディスモデルラケットで練習している。
でも、軽量ラケットだと打ち負けるので、時々ストレスがたまる。
誘惑に勝てず、バボラーを持つ。
すると、必ず、
「いいボールが打てるようになりましたね、スピンがきれいにかかってライン際で落ちますね。
あなたにはこちらのラケットの方があっていますね。」と、言われる。

先日、ある方から、
「あなたのように年をとってからテニスを始めた人は、スピンとかスライスに挑戦する前に、
やるべきことがいっぱいあるでしょう。」と、言われた。
一理あるとは思う。

それに対して、若いコーチたちは、必ず、
「スピンが打てないと、前衛のポーチの餌食になりますからね。
今は、ラケットも進化していますし、大丈夫、
ラケットの力も借りて、ちゃんとできるようになりますよ。
挑戦してみましょう。
コントロールは後から付いてきますから、将来もっとうまくなることを信じてどんどん打ってください。」

道具は大切。
道具は、可能性を切り開いてくれる。
楽しみが100倍にも1000倍にもなると思う。

PS 良い道具に出会っていない自転車は、足が遠のきつつあります…007.gif
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/11926393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2011-01-16 09:21 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧