明日のことは思い煩うな

村上春樹の La fin des temps を読みました(邦題『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』)。
ずっと以前に(日本語で)読んだことのある本だけれど、えっ、こんなシーンってあったっけ、と思うことばかり(苦笑)…

自分の意識が永遠に消え去ってしまう…、天気の良い月曜日朝、公園で一人クレジットカードを燃やすシーン。
あまりの美しさに、時間が止まりました。

自分の命があと30時間だといきなり宣言されたら、私なら何をするだろう。
やっぱり主人公と同じで、
なんだか日常的な瑣末なことに時間を取られてあせるばかりで、
それでも、美味しいものをいっぱい食べて、
好きな人と過ごして、
そして、最後には、私も太陽の下で一人、静かに自分と向き合うんだと思う。

40才を過ぎて人生計画が狂い、いきなり生活の地盤が崩れた…
明日のことを考えると、気持も落ち込む…
「無い」ことばかり考える。

でも、この世に今日も生きていられるというのがすでに奇跡。
私も、主人公と一緒で、失うことばかりの人生だったけれど、もう失うのは自分自身しかないのかもしれないけれど、自分がいなくなっても誰も気づかないのかもしれないけれど、
それでも、この人生には結構満足している、この世から自分が消えてなくなるのはいやだ。

自分の持っているクレジットカードをじっと眺めて、
私もいつか、このカードを燃やす最後の日が来るんだろうな。
その時には、太陽の暖かな日差しと、山の木々の緑と、鳥の声と、そしてランニングシューズがあればいいなあ。
最後の数時間を、大好きなあの人は私と一緒に過ごしてくれるのかな、だといいなあ。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/12038233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by matsunorida at 2011-02-02 22:10 x
グッとくるお話ですね
自分の人生に満足している というのは なかなか言えることではありません
きっと takeさんが いつも自分自身と真摯に向き合ってらっしゃるから言えるんでしょうね

普通の人よりは "命がけな時間" が 少しだけ多い生活をしていますが
それでも やはり 今生きているという事に 感謝しなきゃ ですね☆

いい気付きになりました!!!!!
Commented by take_velo at 2011-02-02 22:34
いえいえ、これは、村上春樹の小説です(笑)、私が書いたのではありません。でも、村上春樹の小説の、あるシーンがとても好きなのです。

ブログ上とはいえ、こうしてコメントをくださるのも、お話が出来るのも、ある意味、奇跡なんですよね。
ありがとうございます。
Commented by matsunorida at 2011-02-02 22:43 x
ありゃま これまた ご自身の語りと錯覚するような内容で(苦笑) ははは
それにしても グッとくる内容ですね
今日は 本を買い込んでしまいましたが 機会があればぜひ読みたい本です! 
それにしても 村上氏 すごいなぁ VIVA!
Commented by take_velo at 2011-02-02 22:48
あ、いや、ほとんど自分のことですが、出発点は村上春樹です。

Born to run、大好きです、ブログでもかつて書きまくりました、ザトペック、私の理想です。
by take_velo | 2011-02-02 10:46 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(4)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧