1+1 は 2 にならない…不思議

ランニングは、完走できなくて悔しい思いをすることはあるものの、
テニスのように、パートナーの足を引っ張って、落ち込むことはない。

でも、先日、ゲームの相手から、
「テニスの面白さは、1+1 が 2 にならないところなのよ」と、教えてもらった。
確かに、組むパートナーによって、私のようなまだゲーム経験の浅い人間は上手にも下手にもなるから…不思議。

今日のレッスンで、孫ほどの年齢(笑)の人とペアになった。
このところ足が不安なので、ゲームになるといつも以上にストレスがかかる。
「はい、僕のできる限り、カバーします」と、その子はあっさりと言ってのけた。

なんか、久々に惚れ惚れする一言だった。
今日のゲーム練は、だから面白かった。

バレーボールをしていた頃、背の低い私がアタッカーになることが多くて、とてもストレスだった。
一度、本当に上手なセッターとチーム練をした時、自分がプロ並みの(笑)スパイクが打てるようになって、びっくりした。
「おおお」と、そのセッター本人もびっくりしていたけれど、
これも、1+1 が 2 にならない例なのかもしれない。

テニスはランニングにない面白さ奥深さがあると思い始めています。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/12058804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たに かずき at 2011-02-06 23:48 x
テニスは未知ですね(^-^)/何年やってても答えが見えてきません怪我に気を付けてテニスをがんばってください
Commented by take_velo at 2011-02-07 08:30
そうなんですね、何年やっても答えが見えないって、素敵な世界ですね。

たにさん、3月に宝塚でテニスしませんか?
高校生もいっしょですよ。
もう一人お友達を誘ってぜひぜひ。
by take_velo | 2011-02-05 20:45 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧