「生ききること」

もう連載は終わってしまったけれど、毎日新聞日曜版の梅原純子の「心のサプリ」の大ファンであった。
共感することが多かった。

ところが、今、特別編が4週にわたって連載されている。
そして、24日の記事にはとりわけ感動した。

この年齢になると、将来の不安は尽きない…
死ぬことが遠い先のことではなくなり、身近に迫った問題となる。

でも、一日一日を充分に生きる、
あるいは、他人のことを思いながら生きる。
それは、死ぬのではなく、生ききること。
そこに不安はもうない…

自分の身だけを守ろうとする人は、不安でいっぱいだ。しかし、ひとたび保身を忘れると、不安はなくなる。
これは、震災で多くの人が、他人を助けようとして亡くなったことからよくわかった。津波を知らせるために最後まで車で走りまわり、波にのまれた人たちがどんなに多かったか。その方々の心に不安や死の恐怖はなく、ただ、他人を助けようという思いだけがあったのだろう。その方々は、「死」んだのではなく「生き切った」のだと思う。


単行本『大人の生き方 大人の死に方』も、今、夢中で読んでいます。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/12480076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2011-04-26 20:30 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧