伊達VSヴィーナスの試合

伊達は、まれにみる運動能力の天才で、
凡才の私には決してまねができないから、
彼女のテニスは、好きなテニスではない。
しかし、昨日の試合は感動した。
両プレーヤーから教えられたことがいっぱいだった。

大きくリードしていても、浮足立たず集中力を切らさない伊達。
大きくリードされていても、冷静に自分のやるべきことをし、流れを変えるために試してみることをすべてやりつくして、決してあきらめないヴィーナス。
逆転されても、ゲームの組み立てを考え、自分の力を出し切る伊達。
逆転しても、安心せず慢心せず、攻撃の手を休めないヴィーナス。

私もスタンディングオベーションを二人に送りたい。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/12947375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2011-06-23 14:34 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧