私のしたいテニス

昨日書き始めた「決意」を、もう少し考えて…あらためて独り言ブログを。

この国では、スポーツにはいろいろ種類があって、その垣根を超えることは難しい。
しかし、ランニングの世界では、トップ選手と同じ理論で走り始める市民ランナーが出てきた。

私は、スポーツとしてのテニスがしたい。
でも、中年になった女性にそんなテニスを教えてくれるところはあまりない。

親しくなったドイツ人の女性は、ドイツの市民スポーツクラブに属していて、
医者ではあるが、オリンピック選手のすぐ下のカテゴリーに属している。
5年前、私の通っていたテニススクールを見学して、
「ドイツにおいでよ、
マイコーチを紹介してあげるから。」
そして、まずは、球を前に押し出すストロークから、下から回転をかけるストロークに変えるようアドバイスしてくれた。

彼女は、ひとたびラケットを握ったら、
言葉の壁も習慣の違いも越えて、
異国にいるストレスを忘れ、いつもの自分を取り戻し、
周りの日本人たちと、スムーズにコミュニケーションが取れることに感動していた。

テニスもランニングも、自分らしくあることのできる世界、
そして、自分の能力を試すことにできる場である。
スポーツには、年齢の壁も、男女の壁も、人種の壁も、本来は無いはず。
優劣はあっても、同じスポーツであることに変わりはないはず。
ストーサーの、ナダルの、クズネツォアの、そんなテニスが遠くに見えるようなそんなテニスがしたい。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/14021431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2011-11-17 16:21 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧