run はランじゃない?!

今読んでいる、今井むつみ 『言葉と思考』 (岩波新書) に、

普通の人がジョギングするときの走り方、短距離の選手の走り方、ハイヒールの女性が電車に遅れそうなときに必死に走る時の走り方は、ずいぶん違う。実は、英語ではこの三つの走り方は、run とは別の動詞で区別する。最初は jog、次は sprint、最後は dash である。(p.40)

と書いてある。
ふ~む。
私はジョグである。(家人は、「いやいや、ウオーキングでしょ」 と、突っ込んでくるが)

もっと面白いのは、object。 (フランス語のオブジェも同じなのか?)
日本人の多くは、水や砂は物体であると答えるが、人は動物は物体ではないと考える。
しかし、アメリカ人は、人や動物は object だが、水や砂は object ではないと答えるそうだ。

英語の object ということばは、substance とか stuff という言葉と対立する概念として用いられることが多い。つまり、人とか、動物とか、テレビとか、コップなど、英語でいう可算名詞で表わされるモノは object なのだが、水とか砂は object ではないのだ。 (p.38)

認知言語学って、本当に面白い。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/14343230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by matsunorida at 2012-01-07 07:52 x
2日続けて 考えさせられる内容ですね(~_~)
ボクも常々走る事を RUNと とらえて書いていたので 勉強になりました。
その本 少し読んでみたくなりました。
ふ~む ボクの場合は だいたい… ダッシュ ですね(苦笑)
Commented by take_velo at 2012-01-07 18:48
matsunoridaさん、こんばんは。

この本は、読んでいてわくわくします、自分の考え方の枠組みそのものを問い直したくなります。ぜひぜひ。
by take_velo | 2012-01-07 00:10 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧