入れにいくと入らなくなるサーブ

テニスを始めたころ、
力が入りすぎて自滅してしまうところが(たぶん)、シャラポワにそっくりだとよく言われた。

そのシャラポワの言葉。
「セカンドサーブを入れにいくと、
ファーストサーブも入らなくなるから、
いつも全力で打ちます。」

あ、いい言葉だな。

守りに入ると、自分の良いところまで全部消えてしまう。
欠点を直すのではなく、長所を伸ばす、これ、ずっと私の育児方針だった。

そのシャラポワ、クレーコートの大会で良いプレイをしています。
攻撃する時は全力でハードヒット。
力を抜いて打つ時は、コースを狙ったり、前に落としたり。

もう一つ彼女の大好きな言葉。
(「プレーヤーの中で誰と一番仲が良いですか、何をして一緒に過ごしますか」と尋ねられて)
「テニスの大会は勝ちに行くのだから、友達なんて作っている時間はありません」

シャラポワ、大好き☆ 全仏応援しています☆ がんばれ~
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/15387895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2012-05-24 07:40 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧