ダブルスで 「you ! 」 ☆

テレビでテニスダブルスの試合が放映されることは珍しいのだが、
機会があれば、ビデオに撮って見るようにしている。

日本では、「お願い」と言って、相手に譲る、もしくはカバーに入ってもらうが、
英語では、「you」である。
つまり、「それはあなたがとるボールだよ」ということである。
私はこの声掛けが大好きである。

コートの外から、「たじさん(you)、走れ!取れる!」とコーチに声をかけてもらうとがんばって走れるし、
センターのボールに手が出なくて、「それはあなたのボールだよ」とコーチに改めて注意されると、
次回は必ず手を出そうと、意識が向く。
「you」の声掛けは、前向きにプレーできるような気がするし、
納得できなければ、「you (いや、あなたのボール)」と、言い返すことも簡単である。

けれども、日本語で「あなただよ」と、パートナーに言うことはむずかしい。特に女性に対しては。
なんだか、澱のようにたまっていく気持ちがある。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/16049228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2012-08-28 13:54 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧