漆黒の王子様? パイナップル王子?

昨日、夜テニスの帰り、(元)プライベートコーチと一緒に途中まで帰るという超ラッキーなことがあった(笑)。
月のきれいな夜で、
コーチの瞳が、きらきらきらきらと、酔ってしまうくらい美しく輝いていたことを、たぶん本人は知らない。
その王子さま外見から、ひそかに「しっこくのおうじさま♡」と呼んでいたことは、過去ブログでも書いた。

だが、王子さま外見からは想像もつかないくらい、
まっすぐで実直で誠実な、熱心によく働く若者である。
一時期、その瞳が曇っていたのは、働きすぎなのではないかと心配している。
(担当コーチが変わった原因の一つは、レッスンが多すぎて私のための時間が取れなくなったことにある。ぷんぷん)

本人も言うとおり、若いころの苦労は買ってでもしろ、と私も思う。
その労働が本人を本物のプロフェッショナルにすると思う。
しかし、1日1日、くるくると目まぐるしく働く中で、
5年後の自分、10年後の自分、30年後の自分、という夢やビジョンが見えていてほしい。

それは、レッスン生徒としての私の、レッスンに対する希望でもある。
コーチにとっては、1時間半のレッスンの一つにすぎないのかもしれないが、
私の1年後の目標、5年後の目標、最終目標が明確に示されるような、
この1時間半はそのためのどのステップなのかが、はっきりとわかるような、そんなレッスンであってほしい。

これは、最近導入された、外国語学習における共通参照枠の考え方でもある。
テニスを習っている中で、
目標は何か、目標に向けての現在の位置はどこか、を明確にすることがいかに大切かを、
実地で学ばせてもらったと思っている。

「しっこくのおうじさま」コーチが、いつまでも輝く若者でいられるようなそんな社会をつくるのも、
現役世代トップである50歳代の我々の義務であろう。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/16069843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2012-08-31 07:58 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧