メトロポリタンオペラと海外のテニス

WOWOWで、メトロポリタンオペラ 『魔笛』 (モーツアァルト) を見た。
ジュリー・テイモアの演出が幻想的で美しく、陶酔した。
オペラは、老後の楽しみにとってある。
いつか習いたいと思っている。
バミーナ(イン・ファン)や、夜の女王(エリカ・ミクローサ)の旋律が思わず口を突いて出てくる(が、実は私は音痴です、笑)。

今日のテニスレッスンテーマは、「海外のテニス」。
ラケットをひかずに、ラケットを「上げる」、つまり肩甲骨を開く。
そのまま、フォアハンドもバックハンドもサーブも。
懐かしい、あの、抜けるような球が打てた。
最近、回転をかけたり、安定したボールを打ったり…煮詰まっていた自分からちょっと脱したような気がする。

日本にいて、日本の価値観と閉塞感で息苦しくなることがしょっちゅうある。
本や、映画や、舞台や、友人たち、そしてレッスン、海外につながる窓口はいっぱいあるけれど、
それでも、日本にいる理由が一つ一つと消滅していく中、
外国に居を定めたいなあ、という悪魔の誘惑が大きくなっていく。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/16150472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2012-09-10 00:51 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧