サムソンとデリラ

旧約聖書に登場するおなじみの物語、『サムソンとデリラ』。
神(髪)の力を授かった無敵のサムソンだが、たった一つだけ弱点が…それは髪を切られること。

だれにでも、きっと弱点があるに違いない。
ポジティブで、都合の悪いことには健忘症(笑)で、能天気で、根性あって、私はきっと結構強い。
他人がなんと言おうと、あまり気にもならない。
が、たった一人の人の言葉で、立ち直れないほど傷つく。
そのたった一人さえいなければ、私はサムソンなのに。
ちぇっ。神様は上手くしたもので、万人にアキレスの腱を与えたのだ、傲慢にならないように。

アガシの自伝、『OPEN』 を読み終えた。
誰もが憧れるブルック・シールズが、彼のキャリアにとっていかに重石であったか。
そして、グラフという伴侶を得ることが、彼にとっていかに幸運だったことか。

完璧であることはよそう。ただボールを見よう、ボールを打とう。(p.486)

時々精神的に崩れるのはなぜだかわからない。(…)考えることをやめることね、と(グラフは)言う。感じることが大切なの。感じることが。(…)考えないことはいいけれど、そうだからといって感じようと決心して感じられるものだはない。感じようと努めることはできない。自然に感じるようにさせなくてはいけない。(p.528)

大好きな言葉です。ただボールを見よう、ただボールを打とう。そうしたら、なんてテニスは素敵なんだろう。大好きテニス☆
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/16157157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2012-09-11 06:02 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧