『神様のカルテ』

火曜日は、仕事の帰りに走る日なのだが、
走らずに直接帰宅し、ひまなので、ひとりで映画を見た。
地域医療の話。『神様のカルテ』。
消化器内科の現場や、
「ひとりひとりの患者に向き合った医療」と、「最先端医療」の間で悩む姿が興味深く、
けっこう、真剣に見てしまった。

で、思うに、最先端で働ける人材は、やっぱり「選ばれた人」であり、
その研究成果の恩恵は、結局のところ、一人一人の地域医療に生かされるんではないか、と私も思う、
(登場人物の一人である)大学教授の考え方に賛成なのでした。
神様は、それぞれに負うべき役割を課され、
それを全うすることこそが、我々の使命なのではないだろうか。
そして、その役割に優劣はないのだと思う。

私自身も、若いころは、(最先端ではないものの)研究に明け暮れていたが、
そのころ得たものは、今の教育現場で生かされていると思う。
そして、今の仕事は(有名になることはないけれど)、昔の研究と同じくらい私にとって大切。

PS 水曜日は、テニスの日なのだけれど、
たまたま、時間があき、走れることになった。
ぽたぽたと滴り落ちる汗が気持ちよく、爽快、ラン好き☆
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/16837990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2012-11-22 17:50 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧