バックハンドスライス

週末のゲーム、また全勝であった004.gif
もちろん、私ではなく、私と組んでくださった方が上手なのであるが。

私が後ろで作って、前で決めてもらうのが本当に楽しい。
特に、バック側に振られたボールを、スピンをかけて相手の足元に落とすのが大好き☆
しかし、間に合わない時には、スライスが必要、
これ、両手バックの私にはできない、しかもテニス肘が怖い…
だが、もう「見ないふり」はできなくなってきた。

マイコーチのプライベートレッスンで、本気で取り組むことにした。
フォアハンドでも、ひじ痛を克服できたのだから、きっとバックハンドも可能なはず。
ゆっくりゆっくり段階を踏んで、
ひじに全く違和感なく、レッスンは進む。

バックハンドのスライスができるようになると、
不利になったゲームを0地点に戻して、再び組み立て直すことが可能になる。
サイドスライスをしっかりコントロールして打てるようになると、きっと、一気に形勢逆転のチャンスも生まれそうな気がする。

た、たのしい、わくわくする。
何が楽しいって、できないことに取り組んで、できるようになるその過程が楽しい。
これ、スポーツのだいご味。(目の前の試合に勝つよりも、実はずっと楽しい)

スピンサーブが安定して打てるようになってきたので、
次は相手のバック側を狙えるようになること、
これは、日曜のコーチに出された課題。
そのために、肩まで振り切ってスライス回転をかける(ボールは上に上がるので連続して)自宅での毎日の課題も。

アウトドアの集団レッスンを、休会する今期、
自分をリセットする気持ちで、しっかり自分の弱さと向き合おうと思う。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/16910852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2012-12-05 07:16 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧