組織に属さないという選択

久しぶりに、スポーツクラブに行くと、
25年来のお付き合いになるインストラクターにばったりと遭遇。
お互いの近況を報告しあっているうちに、
彼女がフリーであることを知った。

彼女自身、人気インストラクターで、
若手インストラクターの養成もしている、
何しろ集客力が半端ない。
彼女のレッスンには、長蛇の列ができる。
全体プログラム編成の責任者でもあったはず。
なのに、なぜ正社員じゃないのだろう?

「組織に属すのが嫌なの、
自分が納得できないことは絶対にしたくない。
実は、これまで何度も正社員のお話はあったけれど、
自分なりの選択の結果なの。」

私と同年代だから、
そろそろリタイヤのことが目の前にちらつくはず、
健康の不安もあるだろう。(何しろスポーツインストラクターなのだ)

「あっはは、
頑張った分だけ収入にはねかえる今の働き方の方が、絶対にいい。
それに、ずっと長く働き続けるつもりだし」

目からウロコ、新鮮だった。
彼女は能力があるから、実力主義の生き方の方が楽で、収入も良いのだろう。
ってか、世界を見渡すと、これが普通、一般常識なのかもしれない。

正社員になりたい、という気持ちが私のどこかにある、だって樂そうだもん。
でも、私と同世代の女性は、もっと先に進み始めている。ほんものの力をつけている。
自分もうかうかしてられない、がんばらなきゃ、
良い刺激を頂きました。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17008631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2012-12-20 15:50 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧