肘が痛い...

いくつになっても、私には可能性が残っていると信じて生きている。
が、永遠に若いと思っているわけではない、もちろん(笑)。
良い歯科医にかかって、いまだに自分の歯でものを食べられているが、
いよいよ、もう限界かなあ、抜歯かなあ、と思うこともある。
身体は確実に日々老いているのである。

スピンを打つと、手首が痛く、
スライスを打つと、肘にくぎを打ち込まれるような痛みが始まる…
私を長年担当したベテランコーチは、
「回転系は打つな」と、にべも無く言ったが、
「それは、あなたの場合、ずっとこれから続けていくことがなにより重要だからだ」。
ふくらはぎを故障した時も、
復帰の一日目から、容赦なく走らせた。
「怪我の後、すぐに走らなければ、永遠に走れなくなるから」。

トレーニングを積めば、できないことなんて何も無かった学生時代から、
仕事中心の20年を過ぎて、
今の私は、限界を抱えたこの体と付き合って、挑戦を続けないといけない。

ああ、肘が痛い。
また手打ちになっている。
強い心、強い体幹、そしてぶれない視線、
2013年、こんなことで早くも心折れている暇はない、
先に進むために、自分を守るのも自分。

PS 今回は、(料理中など)ものを持ち上げた時に痛むというよりも、
安静時に、ずきずき痛みます、眠れません…
週末までにおさまってくれることを祈りつつ…
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17125452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-01-10 07:23 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧