フェレールが準決勝へ

スペイン対決となった。
アルマグロ対フェレール。
なんと、ストレートで負けるのかと思ったくらい、アルマグロが好調。
簡単にマッチポイントを取られたのであるが、
そこから、フェレールは逆転した。
4セット目も、タイブレークに。
フルセットの末、準決勝に残ったのはなんとフェレールであった。

小柄な体なのに、
コート内を走り回り、フルスイングする。
フィジカルな強さだけではなく、
試合中の紳士的な振る舞いに、私は感動することしきり。
声を上げることがあっても、それは自分に対する声である。
相手を威嚇したり、揶揄したり、試合を途中で投げることはめったにない。
ナダルに通じるスペインテニスである。

遠くの星を見るように、
彼のテニスに自分のかくありたいテニスを見る。
ちょっと自分が恥ずかしくなるくらい、見事なフェレールの試合であった。
あきらめない。自分と向き合う。自分を信じる。最後まで勝ちきる。
そして勝利した後は、相手を称え、クールに去る。
いい。いい。 ♡ ♡ ♡
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17194005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-01-23 07:20 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧