Les Misérables

我が家リフォーム中、私は作業の邪魔しかできないので、
お言葉に甘えて行ってきました、映画 「Les Misérables」、
レディースデイなので1000円。
(工事のお兄さんがた、にっこりと、
「いってらっしゃ~い」、
「おかえり~」の言葉をかけてくれる、
リフォームのみならず留守番役まですっかりまかせっきりです、
お茶も出さず、食事も出さず、だめだめ住人の私…)

実は1年前から、原書で読み始めている 「Les Misérables」。
ユゴー展に行って、ユゴーの言葉に感激して、
少しずつ、少しずつ。
いま、前半を読み終わって、いよいよコゼットとマリウスが知り合うあたり。

で、映画はやっぱり映画でしかなかった。
原書のあの感動とは比べられない。
でも、ミュージカル、そして最初のガレー船の映像、迫力でした。
登場人物の一人エポニーヌの二の腕がアスリートなのにびっくり。
エポニーヌ、かなわぬ恋、報われぬ恋に生きる女性を演じた女優さん、良かった。

悪とは、法の名のもとに正義を振りかざして弱いものをいたぶり虐げること、
独善。
これって、法の番人だけでなく教育者にも通じる。
いつも弱いものに寄り添って作品を書き続けたユゴーを読むたびに、
フランスの自由と平等・博愛の精神にあこがれる。
そして、たった一つの慈愛の種(司教のことば)が、人間を変え大きなドラマを生み出すことを、
いつもおぼえておきたい、と思う。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17344808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-02-22 16:54 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧