スプリントステップ

テニスでは、必ず踏むスプリントステップ。

相手がストロークやボレーをする瞬間に、
(サービスリターンの場合は、ほんの少しだけ(相手がサーブする瞬間より)はやく。)
軽くリズムを取るように、その場で両足ステップする。

これが苦手。
長い間、楽しんできた球技はバレーボールで、
前傾姿勢で腰を落とし、相手のボールに備える、
この姿勢が染みついているせいか、
ステップが「ストップ」になる…

体を起こし、
力を抜いてリラックスし、
ゼロポジションに戻して、左右前後どちらの方向にも動けるように。

これがステップの目的。
昨日のレッスンは、アプローチ・ファーストボレー・決めのボレーの、一連の動きを繰り返し練習した。
サービスリターンも、次の返球までつなげていった。

小手先だけのフォーメーション練習に明け暮れたり、
打てもしないのに、ショットの種類だけ増やしてみたり、なんてことはせず、
基本、基礎に徹底する。

長いゲームの中で、
調子悪いなあ、とか、ミスするなあ、とか、迷いが生じた時に、
基本に戻る、そうすると、いつもの自分に戻れる、そして勝てる、と
コーチは昨日言った。

ああ、わかる、ランニングではいつもそう。
右足と左足を交互に前に出すだけのラン。
結局、日頃どれだけ走りこんでいるか、
そして、どれだけ気持ちを強く持てるか、
そして、どれだけ走るのが好きか、につきる。

「ダブルス専科」クラスだけでなく、「シングルス専科」も、週3回の開講になるそうな。
週に6回のレッスンは多すぎるので、
3月はどのクラスを受講しようか、と迷い中。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17374240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by take_velo at 2015-12-19 09:27
わはは。だから、スプリットステップだって、自分(>_<)どんだけテニス初心者なんだ
by take_velo | 2013-02-28 08:57 | テニス | Trackback | Comments(1)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧