プロの練習

アメリカ在住の女性たちのテニスブログを、
毎朝訪問している。
彼女たちは、レッスンではなく試合中心のテニス生活を送っていて、
なんだか、とっても羨ましいテニス環境。
試合を練習にフィードバックしている。

そのブログの中で知った、試合前のプロプレーヤーたちの練習風景がとっても興味深かった。
ミニテニスで超高速の打ち合い、とか、
ボレーストロークで、延々と同じ球を打ち続ける、とか。

(日本でも、楽天や東レの試合を見に行けばいいんですよね、
ちょっとネットで検索してみよう)

今日のスクール(退会するかも?)レッスン、
あいかわらず、最初のミニテニス(「ショートラリー」と、我がスクールでは呼んでいる)では、
ラケット面でボールを当てるだけの球遊び。(これって意味あるのか?)
ボレーストロークになると、思い切りボレーカットで打ちこんでくる…
いや、「戦い」をしているわけじゃないんですけど…
そんなに短いボール、ストロークで取れないんですけど。
「つなげて」ほしいんですけど。

これで「中級」クラスレッスン内容である、
何かおかしい、と思っていたが、やっぱり。プロの練習風景を読んで、納得である。

(今春から通うOコーチの「ダブルス専科」クラスでは、
ミニテニスは、コーチの球出しでする。
サービスラインに立って、短く飛んでくる緩いボールを、
コンパクトにラケットを振りきって、相手コートサービスライン手前に落としながら、
ミート確認と、アップを兼ねる。さすが。)

ゲーム巧者だから、それでいいのかもしれないが、
しかし、基礎が全くない女性は、レッスンの邪魔である。
伊達じゃないけれど、サーブを当てて「じゃま」と言いたくなる。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17381457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MINTA at 2013-02-28 08:36 x
取り上げて下さって嬉しかったです。ちょっと気恥ずかしかったけど♪
takeさんのブログ読んで、そっか、日本のレッスンはそんな感じなんだなぁ、と改めて思いました。ボレーストロークは、最終的に勝負、みたいになることもあるけれど、最初は当然お互い打ちやすい場所へ続けることから、が基本ですよね。そのコントロール力を身に付けないと・・
「邪魔」ってサービス当てたら・・・プププ、想像しただけでドキドキしますよ!
Commented by take_velo at 2013-02-28 18:20
あ、こそっと思うだけでそんなことしませんよ(笑)。
私、最初のスクールで、「つなぎのボレーができない人は中級レベルではない」と、ずっと言われてました。ゲームに勝てても、一緒に練習するのは本当に苦痛です。
MINTAさんやSANIAさんの試合レポートを読んでいると、本当にコントロールって大事なんだなあ、って思います。自分の練習の方向性がしっかり見えてきます。これからも毎日、MINTAさんのブログ、楽しみにしています☆
by take_velo | 2013-03-02 07:07 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧