まだまだ若造の私 試合出ようかな

お邪魔させてもらっているアメリカ在住の女性の方のテニスブログに、
78歳の女性プレーヤーのことが出てました。
「名誉市民」的な存在のメンバーではなく、
現役でチームに勝利をもたらし続けているチームトッププレーヤー!さすがアメリカ!

自分に限界を作って言い訳しながら練習している不甲斐ない自分に猛反省でした。

そして、手出しボールで、複数の生徒が並んでボールを打つ練習ではなく、
試合の中でのコーチング練習が大切だ、と書いていたもう一人のアメリカ在住の女性ブログ。
なるほど、いつも、あ、っというような、気づきがいっぱい、教えてもらうことばかりです。

「相手の嫌なテニスをする、
相手のコートに空いているスペースを見つけたら、そこに打っていく」
言葉の上で理解するばかりで、実感が伴いません。
経験不足です。
試合やゲームにどんどん挑戦すべきだなあ、と、また反省です。

私の場合、学生テニスの経験がないので、
3月は基礎作りに目標を徹して、女性コーチについています。
(あ、彼女、世界ランキング200位台だったそう、
「日本」ではなく、「世界」のプレーヤーだったんですね)
時々、スライスを混ぜて打ってこられるのですが、
私は、「地を這うような」スライスを返球するのは大好きだったりします。
(ひざがやわらかいのだそうです、低い体勢になるのがちっとも苦ではありません)
苦手なのは、自分に向かって飛んでくるボール。手元で伸びてくるボール。
クロスラリーでも、ボレーラリーでも、まだまだ、自分から仕掛けていく余裕がありません。

残すところ4週間になった休暇。
ふくらはぎと手首のコンディショニングも、しっかりと!
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17424318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-03-10 08:41 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧