試合にどういう気持ちで臨むのか

試合第1ゲーム目、最初のショット。
最初にミスをすると、後々まで引きずるので、かたく安全圏で打っていくのか、
それとも、最初から強気で攻めていくのか。

コーチに質問してみた。
返ってきたコーチの答えに、私のハートは射抜かれた(ずきゅ~ん)、ちょっと感動☆
(私の理解力不足のため、若干の誤解があるかもしれません、だから文責は私にあるということで)

守りで入るか、攻めで入るか、という風には考えたことがない。
相手のデータが手元にあったら、どういう風に攻めていくのか、
無ければ、どうやって自分はこの試合を組み立てていくのか、
それを1ゲーム目から試していく。
もしうまくいけば、そのまま試合を続行し、
もしうまくいかなければ、その時に修正を図る。
それまでに練習してきたこと、そしてその試合に向けて準備をしてきたことを、
どう試合に持っていくのか、そのことを考える。

プロの試合では、守りに入って消極的なテニスをすれば、
そのまま流れをもっていかれてしまう。
最初に試合の流れを相手につかまれてしまったら、最後まで挽回のチャンスはないかもしれない。
だから、最初からこの試合は自分のもの、とお互いに攻めから入る。

ミスは、最初にしても、試合の途中でしても、同じミスに変わりない。
そのミスを引きずらないことが大切。
試合を通してミスを全くしないなんてことは、できないのだから、
試合の最初だけ「特別に守りに入る」なんてことは必要ない。

消極的なテニスから入って、そのまま小さなテニスで負けてしまったら、後悔しないの?
同じ負けるにしても、できる限りのことを尽くして負けた方が、すっきりしない?


はい、その通りです、
コーチ、どこまでもついていきます ♡♡♡

ということで、昨日のゲームで、
リターンミスから弱気になった私、
練習でできないことは試合でもできない、
いっぱい、サービスリターン練習しました。
相手が打つ瞬間に、身体を(右なのか左なのか)入れる。
ボールがラケットに当たる瞬間をしっかり「見る」。
そのまま前に押し出す。
「それでネットミスするはずはない」とのコーチの言葉通り、リターンが少し安定しました。

ふわりとロブで左右にふられた時の対処法、
これも何度も練習しました。
どんなに走っても、相手を崩すロブでちゃんと返球できるじゃないか。
今日練習でできたのだから、ゲームでもできるはず。
よし
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17491327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MINTA at 2013-03-22 15:41 x
本当に、このコーチに出会えてtakeさん、幸せですね!
突然の質問にこの回答。すんごいです。
本当にトーナメントで戦っていたからこそ、言えるコメントだと思います。
takeさんの記憶力もすごいですけど・・・さすがです!
Commented by take_velo at 2013-03-22 20:37
MINTAさん、奥の深い質問をしてくれてありがとう、コーチの答えに考えること大でした。MINTAさんのおかげです☆
今日のコーチの名言は、「片手に強気、片手に謙虚」でした。本当に素敵なお人柄です☆
私、レッスンが終わる度に、テニス日記をつけているんです、記憶間違いも多いんですけど、書きとめることで習ったことが定着するような気がします。(単に世代が「古い」だけなのかもしれませんが…)
by take_velo | 2013-03-21 18:51 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧