楽しむことが目的のレッスンは楽しくない

あるプロコーチのブログ(私はこのブログの隠れファンである)に、
コーチとして成功して金儲けしたかったら、
「楽しいレッスン」をしなさい、と書いてあった。
でも、ちっとも上手くならないからね、
上手になりたい生徒は、プロコーチの個別レッスンを受けなさい、とも。

半年前、悩みに悩んで、レッスンをすべてやめたのも、
これが原因だったなあ、と思い当たる。
うふうふと仲間同士笑いながら、「あ、ラッキー(^^)v」の連発、そんなゲーム形式練習が主だった。
(ミスした方からすれば、「ケンカ売ってるんか?!」と、突っ込みたくなる)

だが、個別レッスンを受けるだけでは、ゲームにはなかなか勝てない。
だから、友人たちは「レッスンはやめて、サークルでゲームをいっぱいしなさい」と誘ってくださる。
試合の中での動き、ポイントがわかるようになり、
こなれてくるというか、ミスが減る。

テニスでは「商売」が成立している(テニスを職業にすることが可能である、これはスポーツ界ではめずらしい)
だから、自分の目的に応じて、生徒はレッスンを選択すればいい。
お金を払うのだから、生徒が妥協することはない。
というのは机上の理論、あくまで理想論ではあるが。
(だって、やっぱり人気カリスマホスト講師のレッスンが生き残っていく現実があるから)

4月から、どうしよう…と、試行錯誤中である。
日曜のグループレッスンを継続することについては、迷い無し。(ハードコートが原因で、しょっちゅう故障を抱えることだけが問題)
個別レッスンをどうしようか、と迷い中である。
2,3月についたOコーチとは、たぶん4月からはお互いの時間の都合が合わず、レッスン継続は無理になる。
彼女からは、「これまでのコーチに継続をお願いすれば」と、言ってもらっている。
が、その解決策は、どちらのコーチに対しても失礼かなあ、とも思う。

私のように、「上手くなった」ことに対するレッスン代は惜しまないが、
「夢のような楽しい時間」は、友人や家族や恋人と持つから、レッスンで要らない、と思っている生徒は、
実はけっこう存在するんじゃないかなあ、と思うんだけど。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17507727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by take_velo at 2013-03-25 15:55
今日、これからもレッスンを継続して(シングルスだけでなくダブルスクラスも)受講できることを知りました。とりあえず、悩み解消です。
あとは、本人は真剣・やる気満々なんだけど、日曜コーチから「そのお笑いキャラが希少価値だから」やめないでね、と言われるほどのミス満載の自分のプレイをどうにかしなきゃ…(汗)、そしてひざ痛と手首痛も…
by take_velo | 2013-03-25 09:02 | テニス | Trackback | Comments(1)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧