本物のストローク(げげげ)

昨日の「シングルス専科」クラスの中で、少し外に出されたコーチが、
とっさに返球した球。
打音鋭く、あっと息をのんだ瞬間に相手のコートに突き刺さっていた。
ボールの軌道コースは全く見えず…

2か月の間、週に3~4回通ったんですけど。
初めて見ました、コーチのちょっと本気のストローク。
すごいなあ…強いなあ ♡

日曜のコーチ(元バレーボーラーで、その「俺様」的メンタリティに共感する)のレッスンの何が好きかって、
自分の練習のためにコートに入っているんではないか、と思えるほど、
好き放題に打ってくるところ(笑)。
(球出しからして、「取れない」ことが多い…笑)
「女ダブで、あんなボールは来ないし」の意見は、正しいのだけれど、
私は、「テニスに年齢・カテゴリーの区別はない」と思うので、
(外国のように、学生スポーツや実業団スポーツが無くて、
誰でも同じ土俵に立てる風土にあこがれる。
もちろん、レベル設定は厳格なので、永遠に打ち合うことのできない人たちは存在するのだが)
コーチのレベルのボールを経験できるのが、とてもうれしい。
不思議なもので、だんだん目が慣れてきて、返球できるようになるし、
そのフォームが、打ち合いの中で無意識に出ることもある。
日曜日のレッスンの度に、再びテニスに夢中になるような気がする。

しかし、それでは、基礎力は身につかないので、
自分の中で主軸となるレッスンは、別にある。
4月から(来週からだ!!!)、どうなるのかな、検討中だけど、楽しみ☆
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17522897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-03-28 08:26 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧