オープンスタンス、クローズドスタンス、スクエアスタンス

今日のレッスンで、スタンスの違いの説明があった。
私は、スクエアでテニスを始め、オープンに変え、そしてまたスクエアに戻った。
(オープンは、ボールが来た方の足に体重を乗せ体幹は前向きに保ちつつ、腕をワイパー回転させて打つ。
クローズドは、逆の足を身体の斜め前に出して体重を乗せ、身体をひねったまま打つ。ひねりの力を使う。
スクエアは、打つ方向に足を向け横向きになり、そのまま体を回転、体重を前に移動させながら打つ。)

今日のコーチは、私の職場の付属校でテニス部顧問をしていて、
ジュニアの世界では、オープンスタンス・ワイパースイングを指導するが、
大人の世界では受け入れられないので、
レッスンでは試行錯誤して苦しんでいると言った。(ああ、なんか正直で謙虚でいいなあ…)

オープンスタンスが受け入れられないというよりも、
そのための筋力が無い。
ダブルスは、コース重視だから、
打つコースの方向に、身体と足の向きとスイングをもっていく方が安定する。
ただそれだけ。
ボレーストローク練習や、スライス系のボールで振られた時は、オープンスタンスになる。
実際はどちらも使う。

さらに驚いたこと。
並行陣は、男子は縦割り、女子とミックスは横割りなんだそうだ。
そして、女子ダブルスの並行陣は、サービスラインに横並びになるんだそうだ…知らなかった。
だから、女ダブが苦手なんだ。
誰かに横に並ばれてプレイするのは、苦痛でしかない。守りの姿勢は並行陣の精神とは相反すると思う。
私は、ロブは嫌いではない。
ひざ痛のため、走らないように気を付けているだけで、
後ろに下がってのスマッシュも、
回り込んでのドライブボレーも大好きである。
第一、センターにふわりと上がったボールを前衛が決めてくれないのは、イライラする。
小さなテニス展開になるし、単調になるし。

アプローチはセンターに、
ふわりと上がったバック側のボールはドライブボレーで、
コーチが相手コートにいる時は、遠慮せず、コースをねらって打て、と言われ、
「ああ、さすが高校部活顧問だけあるなあ、楽しいなあ」と。
ちょっと気に入った水曜日のクラス、
ロッカーもシャワーもあるし、何より職場の近くだし、通おうかなあ。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17559167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-04-03 13:39 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧