メンタル…課題だ…

今日のレッスン最後のゲーム、私のペアは上級レベルの男性。
サーブは強く、ライン際で伸びたり落ちたりする。
その伸びるサーブがジャストアウト、
差し込まれたリターナーのラケット面にボールが当たり、
ふわふわ、と、ストレート方向に飛んできた。
その当たりそこないのボールを見送って、「さあ、セカンド」と思ったら、
「え、今のサーブ入ってますよ、だからこちらのポイント」と言われる。

ぶち。
また、頭の中で何かが切れた。

集中力が切れ、ミスが出て、弱気になり、ペアにすべてをお任せし、
その挙句にその最終ゲームを失った…
メンタル状態最悪。
腹が立つやら、情けないやら。

「はい、今のは不幸な事故、忘れよう、次!」と、なんで切り替えられないんだろう…私。

今日のゲームは3:1で、全体としては勝ったんで、
(しかも私のサービスゲームは、たしかラブゲームで勝っているんで)
「ああ、よかった」と、なんでそこで満足できないんだろう…私。

未だにいらいらもやもやする。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17559322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サニア at 2013-04-03 22:29 x
セルフジャッジ、難しいですよね〜。必ずどこかでインかアウトの食い違いがある。もうそういうもんだ、としてプレイしてます。ラインをかすったか、かすらなかったかのようなボールはどちらになりえると自分に言い聞かせて。長い試合になってくるとスコアが食い違いもあったりして、での2つ前のポイントとか思い出せなくて、そこにこだわって自分のリズムを狂わせたくないから、つい相手に合わせてしまいます。相手がアウトコールしないサーブは、必ず返球することを体に覚えさせておくといいですよ♪私は自分ではっきりと見えないボールはアウトコールしないので、パートナーに睨まれることも;^_^A
Commented by take_velo at 2013-04-04 07:33
必ず返球、次回から心がけます。
サニアさんの心の余裕は、強さからくると思います。私は自分にまだ余裕がないので、予想外のアクシデントにガタガタと崩れます。元々の技術の差に加え、練習量経験量も足りません…
「そういうものだとしてプレイ」、とても心に響く言葉です、忘れないようにします、ありがとう☆
by take_velo | 2013-04-03 14:15 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧