フォルトジャッジと試合の勝敗

ナイトテニスでのこと。
はやいサーブを打つ男性。
我々はそのサーブのリターナーの側にいる。
私は前衛で、
セカンドサーブがセンターラインを越えた。
すかさず、「フォルト」コール。
だが、ペアから、「今のはインだった」と、修正が入る。
謝罪して、ファーストからやり直してもらう。
このサーブも、サービスラインを割った、
が、ペアはリターンを返し、試合が続行されたので、そのまま、とする。
後で確認すると、ペアはやっぱり「イン」の判定。

横にいる私が判定を間違えるはずはない、私は自分のジャッジに自信を持っている。
が、それでも、「相手に有利」にジャッジするのがセルフジャッジだと思う。
結局そのゲームは、私が1本もリターンを返すことができずに負けたけど、悔いなし、迷い無し。

昼間の「ゲームクラス」。
試合慣れした、きっとかなり上のレベルの女性ペアがゲストに来てくれる。
全く歯が立たない。
こちらが少しでも体勢を崩すと、するすると前に出てきて、
絶対に返せないところに、一発で決めてくる。
チャンスは逃さない。
スピン系のボールが中心なのだが、スライスを混ぜながら、しっかりと強いボールを打ってくる。
このスライスが、女性特有のスライスで、なかなか打点とタイミングが合わない…
コーチや男性の「きれいな」スライスには、対応できるんだけど…
サーブも含めて、ミスが少ない。

手も足も出ずに完敗、が私の印象なんだけど、
ゲーム数を数えてみると、負けたゲームと勝ったゲーム数はそんなに変わらない。
何しろペアは(本気で打たないとはいえ)コーチである。
私は、自分のサービスゲームはまず落とさない。
自分が後衛に回った時は、まずまずのラリーができている。
それでも、ゲームをしていて少しでも自分がミスをすると、私の中で必要以上に動揺が走る。
1ゲームでも落とすと、がっくりと肩を落とす。
自分より上手な方たちの胸を借りて練習をさせていただいているのだから、
勝てるはずないのに、それでも「もしかしたら」と思うのは、下手くその心理である、そしてこの気持ちがある限りメンタルは強くならない。
自分の課題を冷静に受け止めて、謙虚になろう…今日のレッスンテーマにしよう。
では、シングルスクラスレッスン、行ってきます☆
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17569381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-04-05 08:39 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧