ボストンマラソン爆破事件

今朝、出勤前の5時40分ごろ、ボストン在住の友人のブログをチェックして、事件のことを知った。
なんと、彼女は、爆破場所にいて、事件時刻寸前にその場を離れ、難を逃れたのだそう…
出勤前の慌ただしい時刻だった故、一言だけコメントを残してPCを閉じた。
「うそ、うそ、うそ。あの憧れのボストンマラソンでこんなことが起きるなんて…」と、泣きたかった…

そして、夕刊。なんと一面記事になっている。
3名死亡、150人近くの負傷者を出す大惨事となったらしい。
爆発が起こったのは、スタート後4時間ほどたったころ。ゴール時点で。
普通のマラソン大会なら、ゴールするランナーたちでごった返しているはず。
ただし、ボストンマラソンは、走力のあるランナーしか参加できないので、
ランナーの多くはすでにゴールした後だった。
友人も、お目当てのランナーのゴールを見届けた後、その場所を離れたらしい…
友人が事件に巻き込まれず、無事だったことは、本当に本当に神に感謝したい。
でも、なぜ、平和であるべきランの世界でこんな事件が起こるんだろう…絶対にゆるせない。

家人が留学した町ボストン。
安全で美しい街だと聞いている。
いつか、真剣に走るようになったら、私も参加したいと思っていたボストンマラソン。
どうか、早く真相を解明し、2度とこんな事件が起こらないことを祈りたい。
そして、犠牲となったい方々のご冥福と、そして負傷された方々の一刻もはやい回復を祈る。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17631609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MINTA at 2013-04-20 15:44 x
記事にして下さっていたのですね・・事件以来、ちょっとバタバタしてTAKEさんのブログにお邪魔できてなかったの。久々にお邪魔しました。
今日、ようやく容疑者の弟のほうが捕獲されまして緊張の1週間が終わりました。あぁ、ボストンと言えど、アメリカだったんだ、と改めて感じた1週間でした。
Commented by take_velo at 2013-04-20 18:48
MINTAさんのブログ、その後も、事件のショックがずっと感じられて、どうやってコメントをしたらよいのか、本当に心配していました。日本のメディアが取り上げる前に、生のボストンの情報が知ることができました。でも、楽しいニュースだといいんですけど…複雑です。
by take_velo | 2013-04-16 18:44 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧