とてつもなく強い相手だったら、どうするか

1時間目のレッスン、最後のゲームで、私のペアはコーチだった。
コーチが前衛の時は、積極的に前で決めてくれるので、後衛の私は深くつなぐことだけを考えていればいい。
逆に私が前衛の時は、私の取れなかったボールは、するすると前に出てきて叩いてくれるので、
私はしゃがんで、コーチの打つコースの邪魔さえしなければよい。
時々、思い切ってポーチに出る余裕も生まれる。

そして、2時間目のレッスン。今度はコーチが私の対戦相手になった。
私はリターナーの側。相手前衛はコーチ。
まずは、ストレートにリターン。
コーチは動かず、しっかり返球してくる。
そのボールを、私はアングルにコースを変えて打ち返し、(コーチとペアを組んでいる後衛が前に動けず)ポイントを取る。
2回目の私のリターン、今度はクロスに返す。
と、コーチはセンターベルトを越えて大きく横に動き、見事にポーチボレーが決まる。う~ん。動きがはやい。
前衛の壁はとてつもなく大きい。
さて、次のリターンはどうする?どこに打つ?

私はロブの返球を選択したかった。
が、私のペアは、「スマッシュで打ちこまれることだけは勘弁してくれ」と反対。
じゃ、アングルに短く角度をつけて返す。
「それはリスクが高すぎる。
前衛のプレッシャーに負けず、いつものように返球すればいい」と。

う~ん、彼の言うことはきっと正しい。
だが、それでは勝機は全く見えない。(いや、どうやったって勝てないんだけど)
何かをしたい。
何か別のことに挑戦して、やれることをすべて試してみて、そしてそのうえで負けたい。

今は勝てないけれど、いつかきっと、勝てる時が来ると信じて、
コーチの胸を借りて、いろいろなことにトライしてみたい。
が、今、勝つことを考えるペアにとっては、私は無謀で、むしろ相手の思うつぼ、心理戦ですでに負けていると考える。

みんなはどうするんだろう?

で、強い前衛と組んだら、どれだけゲームが楽か、
逆に、相手前衛が強かったら、どれだけプレッシャーを感じるのか、
今日は身をもって学んだ日だった。
お笑い系コーチは、もしかしたらすごい名コーチなのかもしれない…
前衛、もしくはネットプレイ、逃げずに頑張って練習しよう。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17656967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-04-21 15:03 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧