前衛の心が折れる原因は…

2人で、インドアテニスレッスンを受ける。
フォア雁行陣の練習、私は前衛。
前衛苦手の私、すぐに「ぐだぐだ」になって、平謝り…心折れそう…

コーチが休憩を取って、「説明しましょう」。

全ての原因は、後衛の最初の返球にある。
私のペアは、ワイドに打つのが好き。しかも、短くてあまい球が多い。
そのボールを、コーチは、外から巻くようにして、ストレートにまず打つ。
前衛の私は、かなり端まで寄らないと、このボールには対応できない。(しかもバックボレーになる)
相手のエースになる。私、「ごめん」。

次のボール、今度は、コーチはセンターに打ってくる。
このボールも、(ストレートケアをしているので)私は取れない。
前衛を抜けたボールは、ペア後衛にとってはバックハンド側になり、ミスを誘う…
私、再び「ごめん」。

この繰り返し。

「相手のフォア側、しかも短いワイドクロスは、相手にとってチャンスボールですよ。
そこに打つと、ペア前衛はストレートケアしかできません。
そして、その結果、センターもがら空きになります」
そうなのか。私が悪いんじゃないんだ。目からうろこ。

今度は私が後衛に下がって、バックの雁行陣の練習。
これ、私には、打つべきコースがすぐにわかる!!!
自分が苦手な、
バック側の深いところ、高く弾むボールだ!!!
コーチは、「うげっ」となっている。
「そう!いい球です、いいプレッシャーをかけてますね」と、ほめられる。

が、コーチの球出しは、軽くて短い打ちやすい球。
これが、重くて速い球や、回転のかかった球、深い球だと、
私の弱い手首では、コントロールしてスピン回転をかけることはできない…

ついでにコーチの補足説明 : 上手なレディステニスプレーヤーは、
バック側に弾むスピンボールを、身体のひねりをうまく使ってショートクロスに打ってくる。
(ベースライン付近から打ってくる浅い返球は、私は対応可能。
むしろ、この返球の仕方を自分がマスターすべきだ!)

ゲームクラスは、あまり好きではない。
基本に忠実に打っていると、
(例えば、深く、弾んでからぐっと伸びるボールを打つことができれば、コートのどこに打ったっていい、と思う。)
ゲームの中での組み立ては自然に見えてくる。
でも、苦手な前衛ポジションで、すっかり弱気になっている自分に、
その原因と対処法を教えてくれた今日のレッスン、
私にとっては、最高のレッスンでした☆ コーチ、ありがとう☆
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17676043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-04-24 18:48 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧