コートの中を走る

当然のようで、なかなか無いこと。
コートの中を一面走り回ること。
相手コートの全面、どこに打ってもいいこと。

ストロークラリーをしたくて、途中でいつものスクールを早退し、
シングルス専科クラスを受講した。
コートの中に、私一人。
右サイドから左サイドまで。
前に出たら、上の球も足元の球も。
全部、拾っていい。
高い打点から打ちこんでも、
ドロップボレーでサイドに落としても、
オープンコートを作って、ストレートの深いところにゆったりと打っても。

たのしい。
ポイントなんか取れたことなかったのに、
今日は、自分から組み立ててしっかり「取りに」行く場面も。

病気をして、ちょっと体を休める期間があって、溜まりに溜まった筋疲労が取れたのかもしれない。
あるいは、苦手な前衛、実はそれほど下手でないとわかって、
しかも、「ストローク以上にボレーがいい」と褒めてもらって、
自分の中で何かが吹っ切れたのかもしれない。
身体のキレがよくて、全てのプレーのレベルが上がったような気がする。
昨日に引き続き、なぜだか、あまり負ける気がしない。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17697617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サニア at 2013-04-29 05:05 x
調子が良さそうですね♪
二人だけで、テニスコートの一面を占領するシングルスは、贅沢かもですね(笑)
Commented by take_velo at 2013-04-29 07:51
サニアさん、こんにちは。
はい、某コーチは、「日本ではコートの関係でダブルスが盛んなだけ」と言ってました。とても勉強熱心で世界のテニスに造詣の深いコーチの言葉です。サニアさんがうらやましい☆
by take_velo | 2013-04-28 16:58 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧