バックハンドボレーとテニスクラブ

ほかのクラスの人たちと話していて、「生徒同士のボレー練習が嫌い」という話題になった。
人数が多いと、スペースの関係で、コートのすみでボレー練習をしながら順番を待つことになる。
(大手スクールNなどでは、サブコーチ・サブサブコーチがこの練習につくが)
私の所属する日曜クラスは、
生徒の半数がコーチレベルなこともあって、
生徒同士のボレー練習が嫌だと思ったことはないが、
ほかの生徒さんのほうは、つい最近までバックボレーのできなかった私に辟易していたに違いない。

私のバックボレー、8年間もスクールに在籍していたというのに、ひどいものだった。
両手バックハンドプレーヤーの女性コーチについて、はじめて、
ようやくバックボレーというものがわかった。
片手ボレーの男性コーチには、両手ボレーのことはわからない。
わからないから、教えようがない、
そもそも何が問題なのかも、きっと理解できなかったのであろう。

まじめで熱心な(笑)私は、
それこそ、生徒同士のボレー練習で何万球と打ってきた。
だからこそ、
球出しでは、できるようになったバックボレー、
ゲームでは、すぐに元の打ち方になる。
(ストロークと同じ打ち方でボレーも打ってしまう…)
生徒同士のボレー練習は、悪い習慣の定着原因になってしまうかもしれない…

で、最近、レッスンそのものに対して「???」と思うことが多くなってきた。
テニスクラブに入って、ゲームをいっぱいしたいなあ、とも思う。
入会するなら、コーチレベルの会員が大半のクラブに行きたいなあ。

まずは、私のレベルがもう少し上がらないと。
そして、よいクラブが見つかるといいな。
今年後半の目標と夢にしたいと思っている。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17759079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-05-09 14:19 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧