声を出す

今日のレッスンは、雨が降って蒸し暑く、何もかももうひとつ…
でも、手打ちだけは避けて…

コーチが心配して、首をひねる、そしてはっと一言。
「今日は、いつもの声が出てませんね、
声を出しながら、自分のリズムを作っているんですね」

私もはっとした。
自分でも気づいてなかったけど。
なるほど。
高い打点から打ち込むときは「せ~~・の」で。
リズム良くラリーしているときは、「は・~い」(「は」でボールがバウンドし、「い」で打つ)。
ライジングは、「た・たん」。
サーブは、「お~~~・りゃ」(「お」で体にためをつくり、「りゃ」で腹筋を絞る」)。

周りの人にとってはうるさい、と思うけど、
「そうやって自分でリズムを作れるのはすばらしいことです、忘れないで」とは、コーチの言葉。
こんなことでも、ほめてくれるコーチって(笑)すごい、
なんだか、雨の日でもすっきり心は晴れやかになって、
よ~~し、と元気になったのでした058.gif
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17967625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-06-20 00:39 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧