力を抜くことと力を入れること

「そんなに力まずに」と、よくテニスコーチから注意を受ける。
リラックスして打とうとすると、
Oコーチから決まって、
「腹筋を締めて、打つ瞬間にぐっとグリップを握って」と檄が飛ぶ。
(この二つを守ると、ストロークの質は格段に上がる、
なぜだかは、私にはわからないが)

力まずに動くと、コース打ちの確立性が高まり、組み立てができる。
でも、肝心のボールの質は落ちる。
だから、打つ瞬間にだけ、ぐっと力を込める。

なんて、そんな高度なことができるんだろうか…

今日は、朝のうちに家事を済ませて、予定の無い一日ができた。
テニスレッスンを取って、この課題に取り組んでみよう。
その後は、久しぶりに長距離を走りこむ。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/17979965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-06-22 10:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧