負けるのは嫌である

マラソンでは、いつも平均順位。
バレーボールでも、テニスでも、
ジャッジでもめたり、点数でもめたりするたびに、「めんどくさいから、どうぞ」と譲る。
職場でも、あまり自己主張せず、口論になりそうな人には近づかない。
あえて、論争したり、順位を競ったりすることはめったにない。

で、平和主義者かというと、とんでもない。
根っからの負けず嫌い、
どうしても許せないことは(おもに職場で)、絶対に譲らない。

久しぶりに家人とテニスをした土日。
「ダブルスはダメだからね、向いていないからね」と、家人にくぎをさされた(笑)。
課題をもって、それに取り組んだ結果、負けたのは、まあ、いい。
でも、納得のいかない負けは、夜も眠れないほど悔しい。

いつか試合に出る時が来るのだろうか。
そうしたら、昔の絶対に負けたくない自分が顔を出すような気がする。
6人制バレーボールなのに、
「みんなどいて。私がひとりで取って、私がひとりで打つから」なんて、とんでもない暴君であった私が。

時々、地団太踏む私の物まねをする日曜コーチ、先輩男性たち。
もしかして、誰も私のことを「おとなしい平和主義者」なんて思っていない?
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/18059417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サニア at 2013-07-09 00:14 x
私は最初、試合だけは嫌だったんです。チームに誘われた時も断って、でも練習にはぜひ誘ってください。って。
今では、試合大好きです!タケさんも試しにどうでしょ?以外な発見もあるかも!?そして、試合のブログも書いて欲しいなぁ〜〜。
Commented by take_velo at 2013-07-09 05:41
サニアさん、私はとってもサニアさんに共感することが多いんです、サニアさんのように背筋を伸ばしてクールにフェアに試合に臨めるんなら、「私も」と思います。でも、シングルスで。
試合でしか学べないこと、いっぱいありそうです、レッスンだと、独りよがりになってしまいそうな気が最近します。だって、コーチは打たせてくれますもの。
by take_velo | 2013-07-09 07:26 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧