サーブ

サーブの不調は続く…原因は分かっているつもり。

元々、サーブについては悩んだことがなかった。
が、ちょっと欲が出た。
ファーストは、もう少し振り切ってスピードを出したい。
セカンドは、しっかりコースを狙っていきたい。
そのためには、しばらくダブルフォルトも仕方ない。

ところが、ダブルフォルトのイメージが脳に焼付いてしまったのか、
打つ前から、どうもダブルフォルトをするような気がしてならない。
ゲームでは、とりあえずサーブを入れなきゃ話は始まらないので、
弱気の守りのサーブを打つが、これまた入らない…(-_-;)

Pレッスンで、足の位置、トスの位置、振り上げの方向、グリップ、基礎から確認してもらっている。
ビギナー、初級、初中級、と、クラスをすっ飛ばしてレッスンを始めた私にとっては、良い機会である。

サーブ&ボレーの練習で、苦手なファーストボレーに意識が集中すると、
途端にサービスフォルトをしなくなる。
人間の脳の摩訶不思議さ。

余談になるが、コーチの中には、テニスの経験が浅い人・テニス戦歴のあまり無い人もいる。
ずば抜けた運動神経で、すべてのスポーツを難なくこなしてしまうタイプである。
実は私も「器用貧乏」なので、かえってそんなコーチのレッスンがおもしろかったりする。
「あり」だと個人的には思う。
が、「さらにもう一歩」と欲が出た時に、思わぬ壁にぶつかる。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/18428506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-08-24 09:29 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧