エコテニスはあり?

台風の影響で風が強い。
風の対策テニスがまだできない私にとっては、今日は良い練習日。
足を動かして打点に入り、 (でも、クレーコートよりは簡単かも)
風上から打つ時は、しっかりと回転をかける。

「あなたっていつも、足を使ってラケットを振り切って打って、しんどくない?
僕は、あなたの強い球の力を借りてエコテニスをする」と、
女性の私に向かって鼻でせせら笑った男性がいた。

今日、回転をかけるついでに、その男性に対しては、わざとボールを薄く当てて、
スピンボールを足元に落とし、スライスロブで頭上を抜いた。
彼は毎回、空振り、あるいはフレームショットをしていた。

彼の姿は、実は自分の姿でもある。
コーチのきれいな順回転のボールを打っている私には、
逆回転の止まるボールは苦手である。
しっかり自分の力で打っていかなければならないからである。むずかしい。
相手の力を利用することができない、というのは、自分の力量を試されることである。

今日、テニス経験のある女性と話していて、考えるところがいっぱいだった。
彼女もかつての私と同じで、「そのテニスは古い」と、全否定されているのであった。
ボールを体のそばまで引き付けて、手首でこねて、いろいろな回転系のボールを打つのは、私は得意である。
しかし、それをあえてしないのは、故障するのがわかっているからである。

いろいろなテニスがある。どのテニスでも勝てばいい。正解なんてない。
でも、身体が動くうちは、足を使ってテニスをしたい。
そして、女性の細い筋肉でもつぶれないような、身体に優しいテニスをしたいと思う。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/18476339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-08-31 17:17 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧