横に動かない

今日は、コーチのお言葉に甘えて、アウトドアクラスに振替で入れていただきました。

はじめて組むペア前衛の動きにとまどう。
後衛の私と重なるくらい、ポーチに出ているのに、
ぎりぎりのタイミングで、すっと、元のポジションに戻るので、
後衛の私は一瞬ボールが見えなくなる。
なぜ、そのままポーチボレーをしないんだろう…と、考えて、
あ、そうか、横に動いているからだ。
クロスのボールがどんどん自分の身体から離れていくから、間に合わないんだ。

クロスラリーで、横に横に動く癖は自分もなかなか直らない。
コートの形を、脳の中で斜め向きに変えろ
(ネットではなく、クロスに立っている相手を正面に見ろ)
と、くどいくらいOコーチに言われる意味の深さを再確認。

相手オープンコートに打ち込んでも、
しっかり面を合わせてロブ気味で返球してくる上級女性、苦手である。
次は、オープンコートではなく、相手のラケットの先をめがけて打ってみた。
ベースライン、サイドラインを無視して。
これは上手くいった。
ウオッチも上手な相手だと、この作戦はまずいが、試してみる価値はあるかも。

逆クロスのスマッシュ。
Oコーチとよく練習した。
私は、バレーボールの打ち方で(腕の内転を使って)打ち、実は得意なショットだったのだが、
それでは、身体を痛める、と指摘されて、
しっかり左肩を入れて打つフォームに変えた。
今日は、左前から右後ろに走りながらの逆クロスであったが、
この態勢では、なかなか左肩を入れることができない…
私なら、センターセオリーかなあ。

そして、サーブ。後ろ足を前に引きずって打つのなら、身体の開きは変わらないのでは。
あああ。横向きにこだわる意味、あるのか。気持ち折れそう。
だって、威力無いんだもん、自分のサーブ (-_-;)
元の打ち方に戻そうかなあ。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/18517031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-09-06 20:28 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧