ボディへ来るサーブは永遠の課題だ

昨日の夜は、ゲームをするというので、隣の(自分のレベル)クラスに入れていただいた。
(今月から、「中上級クラス」に昇格するらしい)
男性二人がレギュラーなので、シングルのゲームをする。

結果、
サービスゲームは、ラブゲームで勝ち、
リターンゲームはデュースまで持ち込んで負けた。

弱くなったと思っている自分のサーブが、実は威力を増しているとのコーチのコメントにはちょっと目から鱗だった。
バックハンドストロークは、先日久しぶりにコーチングを受けたコーチの一言でウイナーがとれるまでになった。
シングルスクラスで教えてもらっているストラテジーも実践できたと思う。

が、帰りに電車の中で、私の頭の中をぐるぐるぐるぐる回る悔いは、
落としたリターンゲームの原因が、すべてアドバンテージ側のボディサーブだったこと。
3回とも同じコースに打たれて、3回ともフォアに回り込み、
(相手のサーブが速くて)しっかり体をひねることができずに、ミスした。
3回目は相手のコースを読んで、予測して先に2,3歩移動したのだが、
今度は、狙いすぎて、ショートクロス気味になってサイドアウトした。

3回同じミスをする自分が許せない。
ゲームの中ですぐに修正する技術力がそろそろ身に付かないものか。

と、ぐるぐる自分のミスを引きずるメンタルは、試合に勝てなくなる最悪パターンなので、
次のチャレンジを考える。
もう一度、このクラスでゲームをしたいな。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/18708504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MINTA at 2013-10-01 10:53 x
中上級クラスの男性相手にやりましたねぇ!
しかもサービスゲーム全てラブゲーム?凄いな!
ボディへのサービス対処法ですが、多分実践されていると思いますが、やっぱり相手が打つ瞬間の「スプリットステップ」だと思います。。。。どーでしょーかーーーー??
Commented by take_velo at 2013-10-01 12:14
スプリントステップ、リターンではできないんです(~_~;) ラリーだと、リズムが取れるようになってきたんですけど…
レッスン中のゲーム練習って、1ゲームずつ全員に当たって終わりです。3セットマッチだと、修正したり次の展開を考えたりできるんでしょうね。未知のテニスの世界です。
by take_velo | 2013-10-01 08:57 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧