『クロワッサンで朝食を』

昨日は、テニスを早めに切り上げて、近所の映画館で 『クロワッサンで朝食を』 を、見てきた。

パリが好きな人、
絶対にお勧めです。
パリのにおいがスクリーンから立ち上るような、そんな映画でした。

パン屋で焼いた(スーパーじゃダメ!)焼き立てのクロワッサンを食べることが、
毎朝起きる唯一の活力の元だと言う、お金持ちの孤独な老婦人。
彼女の着るシャネルの素敵なこと、
彼女が手にする手帳は、もちろんエルメス。彼女の手の一部になったかのよう。

エストニアから家政婦として老婦人のもとにやって来た主人公、
夜、仕事が終わってからパリの街に散歩に出る。
彼女は、30年前の私、
彼女の見るパリは、30年前私が見たのと同じ華やかで憧れの「向こう側の世界」。
ブティックの前で、ため息をつきながら立ち止まっていた彼女も、
パリ滞在が長引くにつれて、どんどんパリ女になっていくのである、
洗練されていく。

「ここで終わるんか~」という突っ込みを思わずしたくなるラスト、
これがフランス映画たるゆえん、
う~ん、またパリに行きたいな、と思ってしまった。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/18734052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-10-06 14:19 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧