Pレッスン7回目 故障防止には…

プライベートレッスン7回目、風邪で体調は良くなかったけれど、
ハムストリングスの違和感は消えた。
いつも、突然復活する私の身体である…不思議。

思い当たるふしと言えば、最近、アップ時に、ランを加えた。
もう寒くて…
テニス前に、しっかり筋肉をあたためておくのは大切なんだなあ。
フードをかぶって、外界の音や景色を遮断して、黙々とコートを走っていると、
楽しすぎて、そのまま外に出て走り出したくなる自分には…困ったもんだが。

レッスンのなかで、前に出る練習をしたくて、
ストロークラリーで逆クロスに打っていく(コーチの左側)。

心のどこかに、コーチに走っていただくのは申し訳ないと思う自分がいて、
なかなか思い切って振りきれない。
このメンタルの弱さをどうしたものか。

「タケさんはタケさんのままでいいんですよ、
勝とう勝とうとしても、自分に合わないテニススタイルなら、やっぱり勝てないですから。
自分のテニスでちゃんと組み立てていれば、上手くなるにつれてそのうちポイントはついてきますから」

コーチ自身も、例えばフレームショットでポイントが取れた時などは、
「やった」という気持ちよりも、「ごめん」という気持ちの方が強いらしい。

そうか。このままでいいんだ。

今回から、レッスンプログラムの中に、セカンドサーブの練習が入りました (-_-;)
サーブは、なんだか「良いところを見てもらおう」意識があって、
これも、自分のメンタルの弱さである。
欲と邪念が入るから、ミスばかり重ねる。
ボールだけを見て、ボールだけに意識を集中して、
ボールと自分だけの無心の世界でありたい。
次回は、無心になる。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19069562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-11-30 07:30 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧